Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

点取り屋ハーランド 同時期のクリスティアーノ・ロナウドとメッシを上回る

配信

SPORT.es

エルリング・ハーランドはクリスティアーノ・ロナウドとレオ・メッシの得点能力を上回っているようだ。ドルトムントのFWは20歳の誕生日を目前に控えているが、同じ年齢の時のメッシとロナウドの1試合あたりの平均ゴール数を上回っている。『AS』がこのことを報じている。 リバウドがハーランドを高評価「ロナウドとスタイルが似ている」 1月にドルトムントに加入して以来、ハーランドは13試合で13得点を奪っている。19歳10か月で106試合62ゴールを記録しており、これはメッシとロナウドを上回っている。 ロナウドは当時、87試合でわずか12ゴールしか奪っておらず、1試合平均0.13ゴールである。メッシは63試合に出場し、20ゴールを奪い、1試合平均は0.31ゴール。対するハーランドは1試合平均0.53ゴールと圧倒的である。 バイエルン・ミュンヘンの監督ハンジ・フリックはドルトムント戦を前に、ハーランドを「貪欲で、巨大で、それでいてとても機敏」と表現している。 この爆発的な得点力にレアル・マドリーが、ノルウェーの怪物をロナウドの長期的な後継者と見ているのも不思議ではない。

SPORT.es

【関連記事】