Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大学入試いつになる?翻弄され続ける受験生。9月入学議論で対応の遅れ指摘も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

大学入試はいつ行われるか? 出題範囲は狭まるのか? 推薦入試やAO入試の出願時期はどうなるのか? 【全画像をみる】大学入試いつになる?翻弄され続ける受験生。9月入学議論で対応の遅れ指摘も 大学受験を控える高校3年生からは、不安の声が上がっている。 文部科学省では、新型コロナウイルスによる長期休校などの影響を考慮し、大学入試の時期を後ろ倒ししたり、入試の出題範囲を限定したりする案について検討している。 同省では全国高等学校長協会に対しアンケート調査を実施し、その結果も踏まえ、6月中に入試の日程や方法を発表するとしている。安倍首相も6月8日の衆院本会議で、「今月中に方針を示す」と答弁した。 一方、専門家からは、「突然降ってわいた9月入学の議論によって、入試などの検討が遅れた」という指摘もある。

受験生「登校は週3日。授業は遅れる一方」

「6月から登校が再開され、現在は週3回分散登校で半日だけ授業を受けています。短縮授業のため本来の半分程度しか進まず、未だに対面での授業ができていない科目もあります。授業は遅れていく一方です」 東京都杉並区の都立高校に通う高校3年生の女子Sさん(17)は、受験生として不安を抱えながら学校生活を送っている。 休校期間中だった3、4月はプリントを各自でこなし、5月からは解説動画が配信された科目もあった。 「配信はあっても、私立のような双方向のオンライン授業はありません。公立と私立でICT環境の格差が著しく、授業の差に焦りを感じています。 塾の授業もネット配信されましたが、もともと映像での授業を想定していない塾だったので、正直受講しにくかった。スマホアプリで学習できる『N予備校』などの授業に切り替えました」 Sさんが望んでいるのは、高校での教育の質と時間を確保することだ。 「ただでさえ初の大学入試共通テストで不安が大きかったのに、コロナの影響で不明確なことがさらに増え、困惑しています。 入試の時期にせよ範囲にせよ、できるだけ早く方針を決定してほしいと思います」 3月から始まった一斉休校。文科省の調査では、4月16日時点で、公立の小・中・高校と特別支援学校などで、オンライン授業を実施している学校は5%。Sさんの学校のように多くの学校、特に公立校ではプリントなどによる自学が中心だった。 さらに大学入試については、2020年1月を最後に大学入試センター試験は終了。現在の高校3年生らが受験する、2021年1月から、新たに「大学入学共通テスト」が始まる。共通テストをめぐっては、当初予定していた、国語と数学での記述式問題の導入、英語での民間試験の利用が見送られるなど、これまでも高校生を翻弄してきた。

【関連記事】