Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

過去唯一国内FA移籍を果たしたトリプルスリー男とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 今シーズン、ヤクルトの山田哲人がFA資格を取得。3度のトリプルスリーを達成した球界最高の打者だけに、FA権を行使した場合はどのチームも欲しがるはずだ。もしFA移籍となれば、トリプルスリー達成者としては史上2人目となる。では、初めてFA移籍したトリプルスリー達成者は誰なのかご存じだろうか? 「主軸がFA移籍したチーム」の打撃成績はやはり落ちるものなのか?

紆余曲折の末に東北福祉大に進学

 NPBでこれまでにトリプルスリーを達成した選手は10人いるが、トリプルスリー達成後にFAで国内他球団に移籍した唯一の選手が金本知憲だ。  金本は東北福祉大学野球部で主力として活躍し、1992年ドラフト4位で広島に入団。しかし、東北福祉大に入るまでは紆余曲折があった。  広陵高卒業後、金本は法大野球部のセレクションを受ける予定だったが、広陵野球部監督のミスにより受けられず。1年の浪人生活を送り中大硬式野球部のセレクションを受けようとするも、またもや広陵野球部監督のミスで受けられなかった。その結果、大学に行く道が閉ざされ、社会人野球の誘いもなく、ヤクルトの入団テストを受けるも不合格と厳しい時期を送ることになる。  しかし、運よく知人から当時野球に注力しつつあった東北福祉大を紹介されたことで入学を決め、一般入試で合格。野球部では後にチームメートとなる矢野輝弘や、佐々木主浩、斎藤隆らとともに活躍し、4年時には全日本大学野球選手権大会で念願の優勝を果たした。仙台六大学リーグでは、52試合に出場して通算打率.382と好成績を残し、大学日本代表にも選出。この活躍を受け、金本はドラフト4位で指名され、広島に入団することとなる。

クビを覚悟したルーキー時代

 念願のプロの世界に入ることができた金本だが、入団当初は細身の体つきだったこともあり、チームからそこまで大きな期待はかけられていなかった。実際に入団後2年間は結果を残せず、金本より後に入った世代がどんどん台頭したため、金本はチームをクビになることも覚悟したという。  それでも筋肉トレーニングで基礎を鍛え、疲労で気を失うほどの猛練習を自分に課したことで金本は少しずつ結果を出し始める。また、当時の山本一義ヘッドコーチに打撃技術を教わったことも追い風となり、1994年には一軍に定着し、90試合に出場。翌1995年以降はレギュラーとしてチームに欠かせない存在に成長した。

【関連記事】