Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

旅好き女子へ「ことりっぷ」編集⻑に聞く夏のおすすめ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 7月に入り、いよいよ夏本番。夏休みのお出かけや旅行の計画を立てようとしている方も多いのではないでしょうか。今回は旅好きな女性のためのガイドブック「ことりっぷ」(昭文社)の編集長・中山優子さんにうかがいます。 ◆特別な時間を過ごせる夏  6月15日に最新号「ことりっぷマガジン夏号」が発売になりました。特集は「夏、したいこと。」 この夏、訪れたい日本各地のスポット、おすすめの過ごし方などが取り上げられています。 ――まず、今回のテーマを「夏、したいこと。」とした理由を教えてもらえますか? 夏は、いつもより長い休暇をとって旅行に行く機会が多い季節。子どもの頃、夏休みって特別なものでしたよね。そして、大人になってからもちょっと特別感があるお休みなんじゃないかな、と。ふだんなかなかできない、やりたかったことにチャレンジしたり、気になっていた場所に出かけてみたり。夏休みだからこそできる「したいこと」を提案したいと思いました。 ――確かに、ページをめくるたびにワクワクして、夏休みに向けての気持ちが高まってきますね。特に気になったのが「ひんやり奈良さんぽ」なのですが、なぜ奈良で「ひんやり」なのでしょうか? 奈良には1300年ほど前の平城京遷都とともに建てられた氷室神社という神社があるのですが、ここは氷の神様を祭っているんです。 氷室神社では2014年から「ひむろしらゆき祭」という、かき氷のフェスが開催されています。今回、誌面でも紹介している「ほうせき箱」というかき氷屋さんの店主・岡田桂子さんらが実行委員を務め、県内の有名かき氷店が数多く出店します。全国各地から来場者が訪れ、「奈良といえばかき氷」というイメージが定着しつつあります。ここ数年の猛暑で、夏に旅行することをためらってしまう方も多いと聞き、ぜひ奈良を旅してひんやり涼んでほしい、と企画しました。 ◆進化し続けるかき氷 ――誌面ではボリュームたっぷりのおいしそうなかき氷がたくさん掲載されていますね。このなかで、中山さんのおすすめを教えていただけますか? 先ほどお話した「ほうせき箱」のかき氷ですね。何といってもビジュアルが美しく、かわいいんです。 ――マグカップのようなかわいらしいお皿に氷がこんもりと盛り付けられていて、色とりどりのフルーツやクリームも。盛りだくさんの1杯ですね。 かき氷の上にのっている「エスプーマ」というふわふわのムースがこのお店のかき氷を一躍有名にしました。また、奈良を中心とした地元のフルーツを使ったシロップも特徴です。 ――かき氷も年々進化していますよね。 そうなんです。かき氷に欠かせないシロップにも色々なバリエーションがあります。昔はイチゴやメロンなどがお決まりでしたが、今は野菜のシロップをトッピングしているお店もあるなど、個性豊かなかき氷がたくさん登場しています。「かき氷だからこれはダメ」というものはないような気がします。 ◆魅力いっぱい、夏の奈良 ――奈良を取材していて、かき氷の他に中山さんが興味深かったことや印象的なスポットはありますか? やはり、先ほどお伝えした氷室神社ですね。奈良公園のすぐそばにあるので、お散歩を始めるスタート地点として、まずは立ち寄ってほしいなと思います。 ――神社は木々に囲まれて自然をすぐ近くに感じられるところも多いですから、涼めそうですね。夏にこそ行きたいスポットかもしれません。 もう一つ、涼を感じられる場所として今西家書院があります。室町時代に建てられた書院造りの重厚な建築物で、暑さをしのげるような造りになっているんです。庭を眺めながらお茶を飲んだり、時折心地いい風を感じたり。お散歩の途中に一息つくのにおすすめです。 ――なるほど。この夏、奈良をのんびり旅してみたい、という気持ちがムクムクと湧いてきました。近畿でちょっと遠出してみようかな、何かおいしいものを食べたいな、と考えた時に、奈良は絶好の場所なのかもしれないですね。 そうですね。奈良は絶景スポットもあれば、ならまちのように歩いて散策できるところもあり、いろいろな楽しみ方ができると思います。  ことりっぷマガジン2020夏号には、ご紹介した奈良のほか、京都先斗町にある素敵なお店や岐阜の清らかな水際を歩く旅、広島の尾道、愛媛の下灘、沖縄や静岡房総半島など、おすすめの夏旅情報が満載。旅に出たくなる、旅した気分になれる一冊です。 ※ラジオ関西『PUSH!』2020年7月1日放送回より ◇ことりっぷマガジン Vol.25 2020 夏「夏、したいこと。」 【主な特集内容】 ひんやり奈良さんぽ 房総・里山のおいしい大地をたずねて 愛媛・下灘ひとり旅 ヒト・モノ・コトが交差する尾道へ 静岡 大井川鐵道沿線の旅 クラフトと出会う夏色沖縄さんぽ 全国から集めた<おいしい>がいっぱい!ご当地ドリンクコレクション 100 自然にアートと音楽が融合する 台湾東海岸大地芸術祭へ 岐阜っぽ。Vol.1 Summer 清流の国ぎふをめぐる 2020年6月15日発売・A4変型判、128頁 定価:630円+税

ラジオ関西

【関連記事】