Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阿南光・岡川、人生初サヨナラ打 「笑え!」の声で緊張ほぐれた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「秋季高校野球徳島大会・2回戦、阿南光10-9池田」(22日、鳴門オロナミンC球場) 【写真】まさかサヨナラ負け…池田ナインはガックリ  終盤までもつれにもつれた一戦に、阿南光の岡川涼弥内野手(2年)が「人生初」の劇的なサヨナラ打でけりをつけた。  八回に逆転を許し、1点差で迎えた九回裏。1死一、三塁から相手のエラーで追いつくと、岡川が打席へ向かった。4番の高木裕介内野手(2年)からかけられた「笑え!」の声で緊張がほぐれたといい、「楽しくプレーできた」と鋭い当たりを中前に運びガッツポーズ。仲間からの手荒い祝福に笑顔で答えた。  主将の萩野太陽外野手(2年)は新チームに関して「仲が良いチーム。技術よりも全員の気合、気持ちで乗り切っていきたい」と話す。2日連続の登板となった先発の森山暁生投手(1年)が崩れた中で、チーム一丸で勝利をつかんだ。  18年に新野と阿南工が合併し、今夏の代替大会で4強入りするなど、県内での存在感を増している阿南光。岡川は「3年生がベスト4に入って、絶対に負けられないと思ってやっている」と、強い気持ちで、四国大会出場、そしてその先の大舞台を見据えた。

【関連記事】