Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大人気モデル・みちょぱが「令和のバラエティ女王」と呼ばれる理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊SPA!

 人気番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で「みちょぱスゴイぞ芸人」が企画されるなど、そのバラエティ能力の高さが絶賛されている“みちょぱ”こと池田美優。先日発表された「2020上半期テレビ出演本数・女性タレント部門ランキング」でも5位にランクインするなど、その勢いは増すばかりだ。「令和のバラエティ女王」とも評される現状を、彼女はどう捉えているのだろうか? ⇒【写真】“みちょぱ”こと池田美優

「テレビに出たい!」ってガツガツした気持ちはない

――上半期出演本数ランキングでの5位、おめでとうございます。 池田:ありがとうございます。実感は全然ないんですけど、数字で見るとこんなに出てたんだってびっくりしますね。とはいえ、「テレビに出たい!」ってガツガツした気持ちはいまだになくって。だから、体張る系とかグラビアとか、NGにしている仕事も結構多いんですよ(笑)。 ――『アメトーーク!』をきっかけに、みちょぱさんのバラエティ能力の高さに注目が集まっていますね。 池田:「そんなに期待しないで!」って感じです。リアクションの取り方とかを分析されちゃったから、新しいスタッフさんと仕事をするときにこっちが意識しちゃって、やりにくい(笑)。もちろん嬉しいことは嬉しいんですけど、ハードルが上がってしまうのも困るなあって。 ――バラエティの世界で頑張ろうと思ったきっかけってあるんですか? 池田:真剣にやりだしたのは1~2年前くらいからなんです。『ポップティーン』の専属モデルを卒業してからテレビの仕事が増えて、同じ番組に何度も呼んでいただけるようになって徐々に「こっちでやっていくんだ」ってスイッチが入っていった気がします。それまでは「眠い~」みたいに思うときも結構あったんですけど、自分が自然にやっていることを褒めてもらえるようになっていったのは嬉しかったです。

周りにボケるおじさんがいたから、自然とこの立ち位置に

――共演の多い有吉(弘行)さんのことを師匠と呼んでいますよね。 池田:師匠と言い始めたのは、有吉さんが私のラジオ『#みちょパラ』を自分のラジオの姉妹番組と言ってくださってからなんですけど、実際、有吉さんがMCの番組にいろいろ出させてもらうようになって、バラエティスキルが鍛えられたのかなと思います。  それまではヘンなこと言うおバカキャラみたいな感じだったけど、有吉さんがめちゃめちゃボケるから、私がツッコミに回らざるを得なくなったという。有吉さんとか、ザキヤマさんとか周りにすごいボケるおじさんがいたから、自然とこんな立ち位置の人間になったというか。 ――若手女性タレントの枠は入れ替わりが激しい過酷なイメージがあるのですが、そのポジションについてどう感じていますか。 池田:同世代なので特に比べられがちですけど、例えば、ニコルにはニコルの良さがあるし、私は私の良さがあると思うので、他人はあまり意識してないですね。ただ、偉そうに言うのは申し訳ないですけど、「そこ違うだろ」ってタイミングで話したり、「空気読めないなあ」と思うようなコはやっぱりすぐいなくなっちゃう。それは、仕方ないのかなって。 ※8/4発売の週刊SPA!のインタビュー連載『エッジな人々』から一部抜粋したものです 【Miyu Ikeda】 ’98年、静岡県生まれ。東京都北区赤羽育ち。’13年に雑誌『ポップティーン』の姉妹誌でモデルとしてデビュー。以降『ポップティーン』の専属モデルを約5 年務め、「みちょぱ」の愛称で同世代から支持を集める。近年はモデル活動のほか、多数のテレビ番組で活躍する 取材・文/森野広明 撮影/井上たろう スタイリング/藤井エヴィ ヘアメイク/市岡 愛

日刊SPA!

【関連記事】