Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トラップミュージック史(3)多様化と全米制覇 インターネットでの隆盛の先に広がる未来

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

南部全体に広がっていったトラップ

(トラップミュージック史(2)アトランタ、フロリダのムーブメントで変化したサウンドの定義 から続き)  アトランタとフロリダを中心に盛り上がっていたトラップは、南部の他のエリアにも広がっていった。フロリダに次いでトラップ化したのは、Three 6 Mafiaを生んだメンフィスだ。  メンフィスのトラップをリードしたのは、前述の通りGucci Mane周辺との交流を深めていったJuicy JとProject Patの2人だ。また、ベテランプロデューサーのDJ Squeekyも早くからトラップに接近していった。DJ Squeekyはアトランタのラッパー、Pastor Troyの2007年作『Tool Muziq』にShawty Reddらと混ざって参加。Pastor Troyとも親交のあったYoung Jeezyの2008年の3rdアルバム『The Recession』にも参加し、徐々にトラップ系プロデューサーとしての地位を築き上げていく。後に根強い人気を獲得する事になるメンフィスのラッパー、Young Dolphの初作品である2008年の「Paper Route Campaign」でも腕を揮い、メンフィス産トラップの発展に貢献した。  スクリュード&チョップドやカントリーラップといった、独自のサウンドを生み出してきたテキサスにもトラップの波は届いた。2006年のアルバム『Restless』でYung Jocを招き、アトランタ勢との交流を深めてきたTrae(現Trae tha Truth)は徐々にトラップ路線にシフトしていき、2012年にはT.I.率いる<Grand Hustle>に加入した。そして、2013年に<Grand Hustle>はもう一人、テキサス出身の奇才と契約することとなる。Travis Scottの登場だ。  Travis Scottは、Kanye WestやKid Cudiなどの影響下にある作風が話題を集め、<G.O.O.D. Music>のプロデューサー部門のVery G.O.O.D. Beatsとプロデューサーとして契約した。さらにラッパーとして<Grand Hustle>とも契約し、二つの強力なバックアップを手に入れた。2013年には初のミックステープ『Owl Pharaoh』をリリース。T.I.やLex Lugerも参加した同作は高い評価を受け、Travis Scottは一気に人気ラッパーの階段を登って行った。2014年のミックステープ『Days Before Rodeo』ではYoung ThugやMigosといったアトランタの新鋭も参加。トラップにより接近し、現在に繋がる自身のスタイルを確立した。

【関連記事】