Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

3児の父・新R25編集長が「今ママたちが直面してるのは、“普通の家事・育児”じゃない」と語る理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

数カ月前までは想像もしていなかった未曾有の国難に直面し、社会は殺伐とした空気になっています。 しかし、この苦しい状況下だからこそ、誰かへの感謝を感じることもあるのでは? 新R25は、みんなが前を向くエネルギーになる「ありがとう」の声を届けるコンテンツをつくり、連載「#ありがとうプロジェクト」として発信していきます。 「コロナ離婚」。 そんな言葉もトレンドに入るようになった、この自粛期間。一日中一緒に過ごすようになり、お互いにイライラする時間が増えてしまっているご夫婦も多いと耳にします。 そんななか、「今だからこそ世の中のママに“ありがとう”を伝えたい」という男がひとり。 我らが新R25編集長、渡辺将基です。 じつは「#ありがとうプロジェクト」を立ち上げたとき、「俺もいま、本気で感謝を伝えたい人がいるんだけど…」と自ら取材を持ちかけてきた編集長。 最初は「好感度狙いか…?」と疑っていたのですが、いざ取材を始めてみると、今回の編集長は少し、雰囲気が違いました。 3人兄妹の父親でもある渡辺編集長が、おふざけ抜きで語る「家族への“ありがとう”」。ぜひ読んでみてください。 〈聞き手=サノトモキ〉

サノ: 今回はどうしてまた、取材を受けたいと思ったんですか? 渡辺: 以前取材でも話したことあるんだけど…俺、平日はほとんど家にいないダメな夫でさ。 だからこの自粛期間、家族と一緒にいる時間が圧倒的に増えたわけ。 そうなると、普段奥さんがどうやって子どもに向き合ってるのかがよくわかるんだけど… シンプルに、うちの奥さんは素晴らしいなと。すごいです。 サノ: 編集長が、こんなにまっすぐ人を褒めるとは… 渡辺: というよりね、今のママたちの姿を見て、感謝しないほうがおかしいと思う。 世の中のママたちがこの自粛期間に直面してるのって、もはや“普通の家事・育児”じゃないのよ。 そのことを世の中に伝えたいと思ったんだよね。

【関連記事】

最終更新:
新R25