Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

韓国で巨大クラスターが続々発生 「文在寅が威張るたびに感染爆発」と顔をしかめる人も…

配信

デイリー新潮

 韓国の首都圏で新型肺炎の集団感染が発生した。極めて大型のクラスター(感染者の集団)で、それも複数だ。韓国観察者の鈴置高史氏が背景を読む。 【画像】「コロナで西洋の時代が終わる」と小躍りする韓国人、それを手玉にとる中国人

「軽症」だったソウル

鈴置:5月29日(午前0時段階)の韓国の新型肺炎の新たな感染者は58人。2日間連続で50人を超えました。韓国政府は「50人」をメドに社会的な活動を規制しています。前日の5月28日は79人で、4月5日(81人)以来の多さでした。  政府は5月28日、首都圏のナイトクラブに対し、5月29日から6月14日まで営業を自粛するよう勧告しました。今回の感染の震源地となったからです。首都圏の公園や美術館など公共施設も同じ期間、閉鎖します。  5月6日には感染者数の減少を受け「社会的距離をとれ」との指示を撤回――日本式に言えば「禁・3密」を解除したのですが、首都圏に関しては3週間強で逆戻りしました。  政府にも国民にも緊張感が走っています。大規模感染が初めて首都圏――ソウル特別市、仁川(インチョン)広域市、京畿道(キョンギド)で起きたからです。5月28日は84・8%の66人が、29日は58人全員が首都圏での新規感染者でした。  韓国では「TK」と呼ばれる大邱(テグ)広域市とその周辺の慶尚北道(キョンサンプクド)で2月に感染爆発が起きたものの、首都圏は比較的平穏でした。  ソウル市で新型肺炎による死者が初めて確認されたのは4月8日。同日までに東京都で35人の死亡が公表されていたのと比べ、いかにソウルが「軽症」だったかが分かります。  東京都での初の死者確認は2月26日で、5月28日午後8時半現在の死者は299人。一方、ソウルの5月29日午前0時現在の死者は4人です。  感染者数も同様です。5月29日に至っても全体の72・4%がTKの感染者。全人口の半分を占める首都圏の感染者は16・3%に過ぎません。  首都圏に住む韓国人の間では「新型肺炎はTKの出来事」と、どこか切迫感が薄かった。それが今、ようやくお尻に火が付いた感じです。

【関連記事】