Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

青山学院大ラグビー部、創部92年の悲願 早大破った2016年春を振り返る

配信

4years.

就任間もない監督は、創部以来、初の快挙ということを知らなかった。2016年、ラグビーの関東大学春季大会で青山学院大が早稲田大に31-29で競り勝った。グラウンドで喜びを爆発させる学生たち。駆け寄ってきたOBに「えらいことしましたね。初勝利ですよ」と告げられた。

公式戦となった関東大学春季大会での快挙

関東大学ラグビーで春の試合が公式戦となったのは12年からと歴史は浅い。対抗戦とリーグ戦に分かれている両グループの交流や試合数増などを目的に始まった。翌年から原則、前年秋の順位で両グループの3位までがA。同4~6位までがBなど6チームずつに分かれて総当たりで対戦している。 前年、対抗戦6位だった青学大は16年春、早大、慶應義塾大、大東文化大、法政大、拓殖大とBグループで戦うことになっていた。この春、チームは新監督に加藤尋久(ひろなが)さん(53)を迎えた。熊谷工高(埼玉)から明治大へ進み、2年で語り継がれる「雪の早明戦」に出場したり、3年で大学日本一を経験したりした。その後、神戸製鋼でも活躍し日本代表にも選ばれた。引退後は東海大や日本大などで指導していた。

初戦の慶大には大敗、「どれだけチャレンジできるか」

青学大の初戦は5月1日の慶大戦だった。加藤さんは「指導を始めたばかりでチームの力量もわからないし、お手並み拝見という感じで見ていました」と振り返る。青学大のグラウンドがある神奈川・相模原に相手を迎えての対戦だったが、59-17の大敗だった。1年の秋に慶大を破ったメンバーだったSO岩満亮(長崎北)やWTB越智拓哉(仙台育英)らが最上級生となり、ある程度の自信を持って臨んだはずが、いいところがなかった。 15日の2試合目が、相手のグラウンドがある東京・上井草に乗り込んでの早大戦だった。慶大戦から2週間後、新たな戦術などを落とし込めるはずもなく、加藤さんは「今、どれだけチャレンジできるか」と選手を送り出した。

汗ばむ陽気、2点差を20分余り守り切った

開始早々、早大にトライを許した。晴天で汗ばむほどの陽気に勢いをそがれてもおかしくなかったが、青学大選手の気持ちはなえなかった。5分に岩満が初トライ。早大に連続トライを許したが、終了間際のWTB向井誠(京都成章)のトライとゴールなどで追いつき、17-17で折り返した。後半も常に早大に先手を許した。3、14分にトライを奪われたが、その度にトライを返し粘った。早大が14分のトライ後のゴールを外したのに対し、21分、青学大はトライの後のゴールを岩満がきっちり決め、2点のリードを奪った。 この後、スコアは動かなかった。実は早大も山下大悟新監督を迎え、新しいスタートを切っていた。早大が勝負にこだわるなら狙えたPGもあったが、チームの基礎作りの段階だった。それでも、季節外れの暑さの中、20分余り2点を守り切った青学大のこの日の防御は称賛されるべきだった。ゴールデンウィーク空けの日曜日、約700人の決して多くない観客がこの快挙を目撃した。

【関連記事】