Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

KEYTALK「音楽的には何でもやれる」更なる飛躍見せる4人の今:インタビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 KEYTALKが26日、配信シングル「流線ノスタルジック」をリリース。2019年、移籍という新たな一歩を踏み出したKEYTALKは11月に6枚目のオリジナルアルバム『DON’T STOP THE MUSIC』、2020年3月にこれまでの集大成となるベストアルバムをリリースした。そして3月25日には2020年第一弾となる新曲「サンライズ」を配信シングルとしてリリース、本作は第二弾リリースとなった。首藤義勝(Vo/Ba)が作詞・作曲を手掛けた今作についての話題を中心に、KEYTALKの自粛期間の過ごし方や近況、今後のロックシーンの展望など、多岐にわたりKEYTALKの4人に迫った。【取材=平吉賢治】

『ビバラ!オンライン 2020』の感触とKEYTALKの近況

――7月31日の無観客ライブ、VIVA LA ROCK presents『ビバラ!オンライン2020』は、観客がいるライブとはかなり空気感が違うと思われるのですが、感触はいかがでしたか。 小野武正 まずライブ自体が5カ月ぶりだったんです。初めての無観客オンラインライブのフェスをやらせて頂いて、その場にお客さんはいないんですけどカメラの向こう側には楽しみにして待っていてくれていることを意識して、「いつものライブ以上にはっちゃけて盛り上げていこう」と、事前にみんなと話しました。当日やってみたらめちゃくちゃ楽しくライブができたし、6曲やって一瞬と感じたんですけど全力で凄く楽しかったです! 八木優樹 4人で全力ライブをするという久しぶりのライブだったので、自分の気持ちの高ぶりを出したら6曲が本当に限界というくらいでした。 ――出演順としてKEYTALKは最後でしたが、その点でも気合が入った? 首藤義勝 気合入りましたね! 前の出番のアーティストさんもオンラインとは思えないくらいのものだったので「負けてられないな」と思って。 寺中友将 全力で久しぶりのライブができたし、炎の演出などの特効も含めてやらせて頂けたので、“ライブができた感”が凄かったです。僕らはお客さんありきの楽曲が多いと思うので、やりにくいかなという不安もあったんですけど、そこが意外とすんなりクリアできたのが大きかったです。あとMCが逆にやりやすかったです。 八木優樹 すべらないから(笑)。 寺中友将 すべり方すら忘れたというのもあるかと。八木君が凄く笑ってくれるので救われます(笑)。あと、小野君が何か髪型でボケてくれたり。 小野武正 いやボケてないから! おしゃれでパンキッシュな髪型にしてたんです。それでイジられてコメント欄も大盛り上がりだったみたいですね! ――好感触の無観客ライブだったのですね。さて、みなさんはコロナ禍の自粛期間はどのように過ごされていましたか。 八木優樹 この期間中に酒を飲む量が増えました(笑)。 小野武正 自粛期間、自分にずっとバトンを回し続けるという企画をやっています。“歌つなぎ”とかそういうのなんですけど、自分で繋ぎまくる“わしつなぎ”というのを発明しまして。これが大盛況でして! ギターのリフを弾いたり、ワンフレーズを毎日繋いでやっています。 首藤義勝 僕は家でゴロゴロしながらYouTubeを観ていました。 ――好きなYouTubeチャンネルは? 首藤義勝 メンバーが僕以外全員ユーチューバーになりまして、それを観ています。 ――そのYouTubeチャンネルはどのような内容でしょうか。 寺中友将 最近はカバー曲を“歌ってみた”みたいな感じでやったりパスタを作ったりと。普段していることを撮影しているだけみたいな感じなんです。一つのことに絞ってというわけではなく、日常を撮影するというものです。 ――ところで、みなさんが最近一番聴いている音楽は? 八木優樹 スナーキー・パピー(米・音楽グループ)です。セッション集団みたいな感じのインストのグループなんですけど、それをよく聴いています。 小野武正 僕はRx Bandits(米・ロックバンド)が前から好きなんですけど、最近また聴いてますね。カッコいいですよ。ミクスチャーというその言葉の音楽とはちょっと違うんですけど、ハードコアやSKAの要素があったり、それこそ総じてロックなんだと思うんです。曲の展開も含め楽器のプレイも面白いんです。 首藤義勝 僕は、ずっと真夜中でいいのに。ですね。 寺中友将 アーティストで言ったら平井大さんです。最近たくさん聴くようになりました。

【関連記事】