Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クラブOBが選ぶ、夢のサンフレッチェベストイレブン攻撃陣編。「FWは佐藤寿人で即決でしょう!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
広島アスリートマガジン

 広島県における緊急事態宣言の解除を受け、サンフレッチェ広島がいち早く練習を再開した。公式戦の再開日は未定ながら、選手にとって大きな前進であることは間違いない。サポーターにとってフラストレーションのたまる時期がもう少し続くが、こんな時だからこそ再開に向けての機運を高める意味で、現役時代はファイト溢れるDFとして活躍したクラブOBであり、現在はサッカーコメンテーターとして活躍中の吉田安孝氏に『サンフレッチェ歴代ベストイレブン』を選出してもらった。初回はFWなど前線の選手をメインにお届けする。 【写真】魅惑のトライアングルの一角を形成する、屈指の“ファンタジスタ”とは!? サンフレッチェのFWと言えばこの選手!  緊急事態宣言の解除を受けてトップチームが練習を再開しました。世界的に見れば韓国のKリーグ、ドイツでもブンデスリーガが開幕。無観客試合とはいえ、やはりピッチ上の選手を見ることができるのはうれしいものです。Jリーグの日程は現時点では未定ですが、我々も前向きな気持ちを持って公式戦の再開を待つことにしましょう。  そこで今回はこんな時だからこそワクワクすることを考えようということで、私なりのサンフレッチェの歴代ベストイレブンを選出してみました。11人に絞るのは難しかったですが、さっそく選手を見ていきましょう!  まずフォーメーションですが、これは今のサンフレッチェが採用しているシステムで決まりです。1トップ、2シャドーの攻撃陣が特徴である3-4-2-1。ここに選手を当てはめていきたいと思います。  まずFWですがここは佐藤寿人で即決! 実績、チームへの貢献度、いろんなものを含めての選出です。1試合平均で一番点を取っているウェズレイや久保竜彦など良い選手もたくさんいますが、サンフレッチェ のFWと言えば佐藤寿人でしょう。

2シャドーは、あの選手で決まり!  そこにシャドーの髙萩とハシェックがどう絡んでいくのか……考えるだけですでにワクワクしています。あ、先に名前を出してしまいましたね(苦笑)。というわけで、2シャドーは髙萩とハシェックで決まり! 僕としては、やはり髙萩を使いたかったんです。トリッキーでイマジネーション溢れるパス、攻撃のバリエーションの豊かさ。そこにハシェックが加わったら、どんな化学反応を起こすのでしょうか。  94年のファーストステージ優勝に貢献したハシェックは、点を取る感覚がずば抜けていました。背は高くないですが、彼が最初にチームメートに言った言葉は『ボールを頭によこせ』でした。足元の技術もズバ抜けて上手いんですが、ヘディングにものすごく自信を持っていた選手でした。  実際、長身のセンターバックと競っても勝っていましたし、足元のシュート技術もある。ハシェックと髙萩、彼らの共通意識が頭の中で組み合わさったとき、一体どんなパスワーク、攻撃のバリエーションが生まれるのか、本当に見てみたい組み合わせです。  どうでしょうか。みなさんが思い描く1トップ、2シャドーと一致したでしょうか? 次回はチームの要であるボランチについて触れたいと思います。みなさんも、せっかくなので私的ベストイレブンを選出して楽しんでみてください!

【関連記事】