Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オリックスが2度目の7連敗 好投山崎福を打線見殺し 16日にも自力V消滅

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「ソフトバンク4-1オリックス」(14日、ペイペイドーム)  オリックスが今季2度目の7連敗。今カードも4連敗で負け越しが決まった。ソフトバンク戦はこれで1勝9敗。早ければ16日にも自力優勝の可能性が消滅する。  オリックスは初回1死から宗が東浜の150キロを捉え、右中間二塁打で出塁。吉田正は141キロを右中間にはじき返す適時二塁打で1点を先制したが、その裏に同点とされ、二回以降は無得点。2試合連続“スミ1”に終わった。  三回は2本の安打と死球で2死満塁としたが、伏見が遊ゴロに倒れた。六回は2番手津森からT-岡田が二塁打で出塁。けん制悪送球で無死三塁としながら、伏見、ロドリゲスが凡退。安達が四球を選び2死一、三塁。ここで重盗を試みたが三走・T-岡田が三本間に挟まれた。  先発・山崎福は好投も、打線の援護に恵まれなかった。初回、柳田の二塁打、中村晃の同点適時打を許したが、二回以降七回までは2安打に抑える抜群の安定感を披露。140キロ台中盤の直球に、100キロ台のカーブ、チェンジアップを駆使し、緩急自在にソフトバンク打線を翻弄(ほんろう)してきた。だが八回、2死一、二塁から柳田に決勝3ランを浴びて降板。7回2/3を5安打4失点だった。

【関連記事】