Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

爪切りが苦手なハスキー犬vs飼い主 どちらも必死に頑張る動画が応援したくなる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 爪切りがきらいなシベリアンハスキーと飼い主さんの攻防がなかなかの激しさです。どちらも必死に頑張っているのが伝わってくる……! 【画像】ワンコの表情  癒やされるかわいさが人気のハスキー犬「文太」くん。しかし、伸びた狼爪(ろうそう ※地面に触れない親指の爪のこと)を飼い主さんが切ろうとするときには、ちょっぴり吠えてしまうくらい“マジギレ”する姿が(!)。それでも横になってなんとか耐えようとする姿もみられ、「頑張れ~!」と応援したくなります。  そしてそれに対して“鋼の心”でなんとか爪を切ろうとする飼い主さん。2020年6月に10歳になった文太くんの爪をずっと切り続けてきて、「文太くらいなら一人でさばけるようになりました」と言いつつも、毎回プロレス状態にはなるそうです。周囲に椅子でバリケードを張るも逃げられ、最後はおやつで気をそらしている間になんとか切っていきます。大型犬なだけに、思っていた以上に大変そうだ……!  最後は無事に爪切りが完了し、自由になった文太くんと、汗だくで「終わった……! 疲れた……!」と息をつく飼い主さんの姿が。ご褒美のおやつをもらって笑顔になる文太くんを見て、こちらもホッとします。本当におつかれさまです!  YouTubeチャンネル「プピプピ文太」とTwitterでは、文太くんとのさまざまな日常を公開中。販売中の写真集『世界一平和な顔のハスキー 文太』では、タイトル文に違わずほっこりする笑顔を見せています。 画像提供:@プピプピ文太(@pupipupi_pupipi)さん

ねとらぼ

【関連記事】