Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

地域に唯一“納豆自販機” 「缶ジュースのように買えるよう」人気のワケ 三重・桑名市

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中京テレビNEWS

 三重県桑名市に、珍しい自動販売機があるとの情報が。  実際に取材してみると、意外なアイデアの数々が詰まっていました。

 その自動販売機があるのは、桑名市の納豆メーカー「小杉食品」。その敷地内に、納豆を販売する自動販売機が置かれていました。  この自動販売機では、小杉食品の納豆が25種類も販売されていて、同社によると納豆の自動販売機は、東海地方では唯一だといいます。

 納豆のお値段は100円から。24時間いつでも納豆を買うことができます。 「便利ですね。スーパーに納豆だけ買いに行くっていうのも…。スッと買えるので、自販機だと」(納豆を買いに来た人)

 全国的にも決して多くはない、納豆の自動販売機。なぜ導入したのでしょうか? 「気軽に缶ジュースのように納豆が買えるようにと。お客さんがいつでも好きなだけ、1個でも買えるし」(小杉食品 小杉龍弘 常務取締役)  納豆に親しんでほしいと、このメーカーが初めて自動販売機を設置したのは17年前。今年5月に2代目の自動販売機に変わっても人気は衰えず、売上は1.3倍にもなりました。  珍しさを求めてか、県外からも客が訪れるといいます。

 斬新ともいえる、納豆の自動販売機。最近ではさらに新たなアイデアが詰められていました。  今年5月、自動販売機のラインナップに加わったのは、納豆のキーホルダー。ふたを開けると中から小さな豆が現れる、遊び心満載のキーホルダーです。  すでに、キーホルダーの一部は売り切れてしまったそうで、意外な反響にメーカー側も驚きを隠せません。 「こういうものがあるんだと、見にこられる方がいらっしゃいまして。(売り切れは)予想外ですね。こんなことならもっと作っておけばよかった」(小杉食品 小杉 常務取締役)

 地方の食品メーカーが展開する、納豆の自動販売機。独自のアイデアで、地域との親しみを育んでいます。

中京テレビNEWS

【関連記事】