Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

勝利の方程式は固まったのか? 12球団クローザー事情

配信

週刊ベースボールONLINE

開幕から多いチームはすでに15試合を消化し、残りは早くも105試合となった。過密日程のカギを握るリリーフ陣の中から、今回は要となるクローザー事情を検証する。 記録は7月7日現在 澤村拓一、相手を分析する前に自分を分析したらどうだ/川口和久WEBコラム

首位チームに守護神あり

 パ・リーグの首位を走る楽天は、松井裕樹の先発再転向により、昨季29ホールドの森原康平がその座に就いている。ここまでは5試合に登板し無失点。セーブ機会3度はすべてものにしている。抑え投手として意識しているのは「しっかり先頭を打ち取ることだ」という。ブセニッツ、シャギワなど抑え候補は複数いたが、三木肇監督は「指名したからには」と固定を明言している。  一方、セの首位巨人にはR.デラロサが君臨。6月19日、阪神との開幕戦(東京ドーム)で球団通算6000勝の歴史的勝利の瞬間のマウンドにも立っていた。昨季途中に加入し、8セーブ5ホールド。常時150キロ台中盤から後半を記録する重たいファストボールを武器としつつ、剛腕につきまとう負のイメージとは正反対に、いともたやすくストライクを取る制球力で原辰徳監督の信頼を勝ち得ている。ところが、7月5日の中日戦(東京ドーム)で緊急降板。左ワキ腹肉離れで翌6日に登録抹消に。代役の守護神は澤村拓一が務める予定だ。  パで旋風を巻き起こすロッテは益田直也。決め球のシンカーが右打者の内角低めに制球され、直球の最速も151キロとスピードとキレが光るなど安定感が際立つ。今季初セーブを挙げた開幕2戦目のソフトバンク戦(PayPayドーム)では三者連続で空振り三振に斬って取っている。打線が粘りを見せて、終盤に逆転する試合もあるだけに背番号52が安定していることもチームが上位につけている一因だ。  日本ハムは移籍2年目の秋吉亮がチームに欠かせない存在になった。昨季の中盤からクローザーに定着し、自己最多となる25セーブをマーク。どんなピンチでも動じず飄々と投げ込む強心臓ぶりは、同じくブルペンを担う宮西尚生も舌を巻くほど。ここまでセーブ失敗はなしと安定感抜群の変則右腕だ。  前王者の西武は昨季30セーブを挙げた増田達至が今季も守護神の座を担っている。150キロに迫るストレートにキレのいいスライダー、フォーク、さらに目先を変えるカーブを投じて相手を抑え込む右腕。今季は6試合に登板してリーグトップの4セーブをマークしているが、計6イニングで無失点、安打はわずか1本しか打たれていない。今季は勝利の方程式が充実しているが、最後を締める増田の存在も大きい。  パでV奪回を狙うソフトバンクで絶対的守護神・サファテがケガで戦線離脱する間に、クローザーの座を手中に収めたのが森唯斗。日本人選手としては球団初となる2年連続30セーブを挙げたが、開幕戦からセーブに失敗するなどピリッとしない。連投もいとわず、力強い投球で打者をねじ伏せるのが本来の姿。中継ぎには若手も多いだけに、早く「森まで回せば安心」という状況を作りたいところだ。

【関連記事】