Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東海大・小郷を広島など3球団が視察 151キロ計測

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「オープン戦、ホンダ9-0東海大」(25日、ホンダグラウンド)  今秋ドラフト候補で最速155キロ右腕の東海大・小郷賢人投手(4年・関西)が約1年ぶりに対外試合で登板した。八回から4番手としてマウンドに上がり、1回を被安打1のみで無失点2奪三振。広島など3球団スカウトの前で力強い投球を披露した。  社会人チームを相手に、復活の序章を刻んだ。右肘を痛めたことで紅白戦をのぞけば昨夏の全日本大学選手権以来となる実戦マウンド。「変化球は思っていたよりきょうはよかった」と得意の縦スライダーで空振りを奪うなど手応えは上々だ。  直球もDeNAの計測で151キロをマークしたが、「上と下のバランスがあったら、もう少し真っすぐはまだ上がるんじゃないかな」と速球の精度には満足していない。2年夏に侍ジャパン大学代表入りした剛腕はPRP注射での治療を経て、19日開幕の今秋リーグ戦でプロ入りへ最後のアピールに臨む。

【関連記事】