Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DEAN FUJIOKAは、リスクを背負っても「表現者」として生きる人 編集者・箕輪厚介がそう感じた理由とは?

配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『ROPPONGI PASSION PIT』(ナビゲーター:DEAN FUJIOKA/三原勇希)。各界で活躍する情熱を持ったゲストを迎えて、「好き」や「情熱」をテーマに、トークを繰り広げる。 5月9日(土)のオンエアでは、編集者の箕輪厚介がゲストとしてリモート出演。出版不況と呼ばれるいま、手掛けた本を大ヒットさせてきた箕輪の情熱に迫った。

自粛期間でも、お酒を飲むだけで稼いでいる

箕輪は1985年生まれ東京都出身。2010年に双葉社に入社したのち、2015年には幻冬舎に移り、編集者として働きながら2017年に自身の会社「波の上商店」を設立。同年、書籍レーベル「NewsPicks Book」を創刊し、わずか2年半で累計222万部を突破。2018年には著書『死ぬこと以外かすり傷』(マガジンハウス)を上梓し、14万部を突破する。2019年にもっとも売れたビジネス書『メモの魔力 The Magic of Memos』(著・前田裕二/幻冬舎)を担当。国内最大級のオンラインサロン「箕輪編集室」を主宰している。 外出自粛要請が続くなか、箕輪は家のベランダで七輪を使って焼き鳥や野菜を焼いているそうだ。また、夜にはビデオ会議アプリ「Zoom」を使って、箕輪が誰かとオンラインで対談する「スナック箕輪」も開いている。 箕輪:本田圭佑さんとやったときは、1人1000円で2000人近く集まりました。堀江貴文さんとやったときも1人1500円で1500人くらい。だから、酒を飲んでいるだけなのに、一晩で150万くらい稼げるんですよ。 三原:でも、それでふたりの気の置けない会話が聞けるわけですもんね。 箕輪:いや、ただ酔っぱらっているだけですけどね(笑)。ノーカットで本当に飲み会。こんなに儲かるなら、月1回飲み会配信していけば食っていけるなあという感じです(笑)。 三原:それは新たに見つけたビジネスですよね? 箕輪:そうですね。僕のオンラインサロンも、今すごく人が増えて活動が活発になっています。ずっとやってきたことが新型コロナをきっかけに少しブレイクスルーしている気はします。 箕輪は自身の肩書である編集者について、「プロデューサーの要素が強い」と語る。 箕輪:本のクオリティの善し悪しや上手な文章は、僕にとっては何十個ある要素のうちのひとつ。それよりも、今の時代に誰が何を言うかという発見を一番大事にしています。「それを聞きたかった」「たしかに今この人にこれを言ってほしかった」というオファーをして、書く人に「それならやってみたい」と思ってもらえることを重視していますね。 三原:時代に合った人を見つけるところから始まっているんですね。 箕輪:そうですね。だから、常にテレビや雑誌、SNSを通して「この人おもしろいな」という人が頭の中にふわっといて、「この人がいまこれを言ったら絶対に世の中の人が共感する」というものを考えて、バシっと決まったときに提案して、実際に書いてもらう感じですね。

【関連記事】