Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

古い価値観さらけ出した「美術館女子」 若い女性は無知? メディアに必要な視線のアップデート

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 「美術館女子」と銘打った読売新聞などの連載企画が、6月の公開直後からインターネット上で激しく批判された。アイドルグループ「AKB48」のメンバーを起用し、幅広い人を対象にアートの魅力を発信することを狙ったこの企画に、会員制交流サイト(SNS)では「若い女性を無知な存在として消費している」といった声が次々と上がり、2週間余りで公開終了に追い込まれた。「#MeToo」運動や「フラワーデモ」など、性差別や偏見の解消への気運が高まる中、古い価値観をさらけ出してしまったメディアは、変わることができるのだろうか。(共同通信=前山千尋、森原龍介)  ▽作品、ただの背景に  東京都現代美術館(都現美)に置かれていた作品を背景に、メンバーの1人がカメラに視線を向ける写真を中心に構成されていた6月13日付け朝刊の第1回。「『芸術って難しそうだし、自分に理解できるのかな』。そう思っていた」といった本人のものとみられる言葉もつづられた。

 企画は、読売新聞と公立美術館約150館が加盟する美術館連絡協議会(事務局・読売新聞東京本社)が、紙面とオンラインサイトで展開した。  美術館という場や作品の説明よりも、女性アイドルにスポットが当てられているように見え、知識のない「女子」でも作品に感動できたという「ストーリー」が浮かんでくる。ネット上では「性別でカテゴライズしないで」「若い女=教養がないと思っている」などと、「女子」という性別を前面に出した内容や、知性より感性が勝るというステレオタイプの女性像への批判が相次いだ。  「アイドルのキャンペーンだと思いました」。こう話すのは、水戸芸術館現代美術ギャラリーの元学芸員で、現在は香港のアートセンターの館長を務める高橋瑞木さんだ。都現美では、これまで「MOTアニュアル2005 愛と孤独、そして笑い」という女性作家だけのグループ展やモデル山口小夜子さんの個展を開催し、今秋にはアートディレクター石岡瑛子さんの大規模な回顧展も開催する予定だ。だが高橋さんは「学芸員がジェンダー(社会・文化的性差)規範について批評的な企画をしたり、女性の表現者の仕事に注目したりしてきたにもかかわらず、こうした活動の実績が伝わってこない。企画担当者の美術館やジェンダー規範に関する理解の浅さがうかがえます」と指摘する。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS