Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

結膜炎は市販薬で改善するのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

夏は結膜炎が増えるシーズンです。目やにが出る、白目が赤くなる、目が痒い、まぶたが腫れるなどの症状が出たら結膜炎かもしれません。結膜とは白目や、まぶたの裏側を覆っている薄い膜ですが、その部分に起きる炎症を総じて結膜炎といいます。市販薬で治るのでしょうか?

夏の紫外線の強さも結膜炎の原因

結膜炎の原因は大きくウイルスや細菌による感染性と、花粉やハウスダスト、埃などのアレルギーによる非感染性の2つに分かれます。 夏に結膜炎が増える理由は紫外線の強さもあります。たとえば海や山へ出かけ、長時間、強い紫外線を浴びれば、肌が焼けるのと同じように結膜にもダメージがあります。一種のやけどであり、炎症の原因になります。こちらも非感染性ですね。 よほど重症化しないかぎり、結膜炎はしばらく目を安静にしていることで快復します。感染性の結膜炎も、基本的には自分自身の免疫の力で快復していくものです。ただし、なかなか治らない、痒くてたまらないという場合は眼科を受診し、早めに対処したほうがいいでしょう。

感染性には抗生剤とかゆみ止め

眼科で処方される薬は、感染性か非感染性かで違います。 感染性の結膜炎の場合、ウイルス性では複数のウイルスが結膜炎の原因になりますが、夏かぜの原因になるアデノウイルスが代表的です。プールで感染してくることも多いのでプール熱とも呼ばれ、目に感染して結膜炎を引き起こすもの、「はやりめ」と呼ばれる流行性角結膜炎 を起こすものもあります。細菌性では黄色ブドウ球菌、肺炎菌など多数の細菌が原因になります。 ウイルスでも細菌でも、感染性の結膜炎に処方される薬は、かゆみ止めと抗生剤の点眼薬です。あれ? と思われた方もいらっしゃるでしょう。抗生剤は細菌には有効ですが、ウイルスには効きませんから。ただ、二次感染を予防する意味で抗生剤が処方されるのです。よく処方される「クラビット」(一般名:レボフロキサシン水和物)は強めの抗生剤で、結膜炎以外に、さまざまな感染症に用いられる薬です。 市販薬にも結膜炎用の目薬があります。 有効成分としてサルファ剤(スルファメトキサゾール)という抗菌剤が入っています。この抗菌剤と、眼科で処方される抗生剤の違いは、殺菌力の強さの違いと言っていいでしょう。抗生剤のほうがより強力です。 また、炎症やかゆみを抑えるグリチルリチン酸二カリウムや、クロルフェニラミンマレイン酸塩なども配合されているので、かゆみを抑えるのにも市販薬はある程度、有効でしょう。 次に、花粉やハウスダスト、埃などによって生じる非感染性の結膜炎の場合。眼科で処方されるのは「パタノール」(一般名:オロパタジン塩酸塩)や、「アレジオン」(一般名:エピナスチン塩酸塩)などの抗アレルギー剤です。また、重症化している場合はステロイド入りの点眼薬が出されます。ステロイド入りの点眼薬は市販薬にはありません。

【関連記事】