Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SKE48・須田亜香里「打姫オバカミーコ」で自分も驚きの映画初主演「握手会があったら絶対ファンの方と泣いちゃます!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 本人もファンも驚きの映画初主演だ。SKE48の人気メンバー・須田亜香里が、麻雀漫画原作の「打姫オバカミーコ」で、主人公・丘葉未唯子(ミーコ)を演じることになった。明るく素直な駆け出し女流プロ雀士が、俳優・萩原聖人が演じる元王者の麻雀トッププロ・波溜晴に弟子入り、成長していくラブコメだ。話が来た時は「主演に憧れはあったけど、叶うものだと思っていなくて。最初に監督さんやプロデューサーさんに『私で本当に大丈夫ですか?』って聞いたくらいです」と笑って振り返るほどのビッグサプライズだった。熱心なファンには、朗報に涙した人もいるとか。「握手会があったら、絶対ファンの方と泣いちゃいます!」という喜びを、演じた感想とともに聞いた。  須田と麻雀の接点は、今から1年半ほど前。麻雀ニュース番組「熱闘!Mリーグ」のアシスタントを務めることになった時点では、全くの初心者だった。それでも芸能界の麻雀好きや番組スタッフ、特に萩原聖人からは指導を受け、徐々にスキルアップし麻雀仲間を増やしていった。そこに訪れた麻雀映画の主役の話。「麻雀に触れていてよかったという以上に、すごい運命や巡り合わせだと思います!麻雀は難しいところもあるけれど、見たりやったりするのは楽しいし、関わらせてもらって本当に幸せだなと思います。だから、お芝居をさせてもらえると聞いた時も、すごくうれしかったです」と、感謝の言葉が止まらなかった。  SNSでの報告にはファンも即座に反応、大喜びの渦が起きた。「ファンの方も映画で主演という報告は全く予想していなかったみたいで。私と一緒に『いつか映画に出られたらいいね』『一言、二言セリフがあったらいいね』ぐらいのスタンスだったから」と、驚きと喜びを共感した。ファンから涙したという報告を受けると「握手会があったら、みんな泣いていたと思います。私も泣いちゃいます!ファンの方々は本当にピュアで、人のことでそんなに素直に涙を流したり、何かを願ったりって、なかなかできることじゃない。心が洗われます」と、号泣しながら手をしっかりと握り合う光景を想像した。

【関連記事】