Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

赤木俊夫さんの妻が森友問題“再調査”を求めた署名キャンペーン 「35万」という数字が持つ意味

配信

ABEMA TIMES

 森友学園との土地売却をめぐる文書の改ざん問題で、財務省近畿財務局の職員だった赤木俊夫さんが自ら命を絶って2年。第三者委員会による公正な調査を求め続けてきた妻・雅子さんは6月15日、安倍総理、麻生財務大臣に宛てた35万筆の署名を提出した。しかし麻生大臣は「今の段階で再調査を考えているわけではない」とし、改めて再調査を否定した。 【映像】森友問題「再調査を」35万人署名をなぜ黙殺? “国民の声“どう届ける? ネット署名の意義

■日本最速・最多だったキャンペーン

 雅子さんが利用したのは、従来のように街頭に立ってお願いするものではなく、キャンペーンサイト『Change.org』による“ネット署名”だった。時間や場所に左右されないこともあり、プリントアウトすると段ボール5箱分にもなる35万筆が、わずか3カ月で集まった。  「Change.org」の武村若葉カントリーディレクターは「誰でもキャンペーンを立ち上げられるので、本当にいろいろな主張が展開されている。メールアドレスによる認証も行っているし、同じIPアドレスからの短時間でのアクセスなどスパム的な動きについても検知し、水増しに当たるものは削除するなど、信憑性を担保する仕組みも備えている」と話す。

 「Change.org」では、これまでも様々なキャンペーンが展開されてきた。2014年、都議会で「お前が結婚しろ」などのヤジを飛ばした議員の処分を求め5日間で9万人の署名が集まり、本人は謝罪し会派を離脱。また、2016年には奄美大島の巨大クルーズリゾート計画に対し、治安や環境の悪化を懸念する5万人が署名。鹿児島県知事に提出され、計画は中止されている。「意思決定に影響を与えたケースは数えきれない。アメリカでは最近、ジョージ・フロイドさんの問題で、現場にいた警察官たちを逮捕し、裁判にかけてくださいというキャンペーンが立ち上がり、実際に逮捕されている」。  そんな「Change.org」で展開されたキャンペーンの中でも、とりわけ今回は“日本最速”、そして“日本最多”だったのだという。「黒川元検事長の賭け麻雀問題に関するネット上での呼びかけも拡散していたが、やはりコロナの影響で、身近な問題と政治の問題が密接な関係にあると実感した人が増えたこともあると思う。これまで最も多かったもので12万筆くらいだったので、少しでも声を届けたいと考えた人が多いのだろうと感じる」。

【関連記事】