Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナで文化祭どうなるの? 自力で全国調査した高校生の訴え「中止でも残るものがある、一緒に歩んで」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

新型コロナウイルスの影響を受け、文化祭や体育祭などの学校行事が中止になるケースが相次いでいます。そんな中、オンラインなど実施可能な文化祭の形を探るため、全国62校の高校の方針を調査をした高校生がいます。「結果的に文化祭が中止になっても、挑戦すれば残るものがある」。そして、先生に対しては「一緒に歩んでほしい」と訴えます。高校生の言葉から「今だからできること」について考えます。(金澤ひかり) 【マンガ】文化部はネクラっぽい?美術部がバレーに挑戦、大切なこと気付く漫画

「やりたいけど、前例ないよね」の声に

調査を行ったのは、東京都多摩地域の高校の生徒会役員らで作る多摩生徒会協議会です。議長の章子昱(しょう・こいく)さんが主体となり、全国62校の高校の文化祭開催予定状況について調べました。調査結果によると、オンライン化に向けて動いている高校はおよそ4割。桐朋高校生徒会長でもある章さんは、「生徒会には学校との交渉材料にしてほしいし、『中止はどうしようもない』と考えている子には、開催できる可能性があることを知ってほしい」と話します。 章さんが文化祭の開催状況について調査しようとしたきっかけは5月。 12月までに実施予定の、学年を超えて集まって行う行事の中止または延期を求める、東京都の「新型コロナウイルス感染症対策と 学校運営に関するガイドライン【都立学校】」でした。 「文化祭や体育祭の開催が無理だと判断する学校が出る可能性がある」と感じた章さん。 実際、章さんが通う桐朋高校の文化祭実行委員会からも「なんとかやりたいけど、オンラインでやるにしても前例がないよね」という声は聞いていました。 「文化祭は、外部の人に生徒が活動を発信するために大切だし、文化部は特に全力をかけています」 章さん自身も化学部で、これまでの文化祭でも「実験ショー」を担当。来場者に、化学の楽しさを伝えるパフォーマンスを披露してきました。 「(3年生の文化祭は引退後なので)2年生が集大成のようなものです。それが中止になると考えたら悔しかった」 生徒個人としても、もし文化祭が中止になるとしたら「絶望する」と感じていた章さん。 他校の生徒会は、生徒の思いを受けて、これから文化祭の開催可否について教員と交渉することになると考えました。 「教員と交渉する上で、他校の判断を知ることは大事」と、交渉に必要なデータを集めることを決めました。

【関連記事】