Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

成城石井の快進撃を支える3つの魅力とおススメの商品 20年通う食文化研究家が教える

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

「いちごバター」は高値で転売される人気ぶり、エコバッグも売り切れ続出と快進撃を続けるスーパー「成城石井」は、熱狂的なファンも多い。食文化研究家・長寿美容食研究家のスギアカツキさんも成城石井を愛するひとりで、少なくとも20年は通っているという。 「当時は学生でしたが、栄養学や食品化学などを学んでいたこともあり、食品に興味がありました。海外の食材など珍しい食品が豊富な成城石井は非常に貴重でした」  そう話すスギさんにとって、成城石井の魅力は主に3つあるという。  まず、前述の通り海外の食材が豊富で、その一方で、日常的に食卓に上る和食材も上質なものを揃えていること。次に、冷凍食品やスイーツ、総菜など、いずれも調味料や食材にこだわりがあること。そして、多くのアイテムを化学調味料などに頼らず「ちゃんと」作っていること。  そんなスギさんに、イチ押しの成城石井のオリジナル商品、もしくは独自で買い付けている商品を選んでもらった。それが別表だ。 「どれも素晴らしいですが、中でも冷凍食品がすごくいい。冷凍ピザは、スーパーで買える商品の中では最高峰です。モッツァレラ、パルミジャーノチーズ、オリーブオイルなどの成城石井が誇る商品を使用していて、基本スペックが高い。ミックスベリーやマンゴーなどの冷凍フルーツもお薦めです。小袋入りですと200円を切るので、手軽に食べるフルーツとして冷凍庫に入れておくのはいかがでしょうか」  キムチやベーコンは「ちゃんと」作っている商品の代表格で、他のスーパーではなかなか手に入らない正統派の味。ソフトプレッツェルはドイツパンで、ほろ苦さがビールと合う。売っている店があまりないこともあり、それが手軽に買えるのはありがたい。 「発酵バターは高額ですが、成城石井のものは比較的リーズナブル。パンケーキやトースト、オムレツやパスタに使うとワンランク上の仕上がりになります。また、成城石井のスイーツというとチーズケーキやカップケーキの印象が強いですが、マカロンは1個100円もせず、味がおいしい。海外直輸入の菓子類はハズレがありません」  海外旅行がままならない今、成城石井で思いを馳せるのもいい。

【関連記事】