Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山田宏の[タイヤで語るバイクとレース]Vol.17「飛躍のために最後までこだわったライダー選び」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

2003年の体制づくりもやっぱり難航!?

ブリヂストンがMotoGP(ロードレース世界選手権)でタイヤサプライヤーだった時代に総責任者を務め、2019年7月にブリヂストンを定年退職された山田宏さんが、かつてのタイヤ開発やレース業界について回想します。2002年、ブリヂストンは最高峰のMotoGPクラスに参戦開始。終盤には好成績も得ましたが、一方で翌年の体制はなかなか決まらずにいました。 TEXT:Toru TAMIYA

BS初のポールポジションはデータ不足が奏功?!

MotoGPクラス参戦初年度となった2002年、シーズンも残り2戦となった第15戦オーストラリアGPの予選で、ブリヂストンがタイヤを供給した3選手ともが好タイムを記録し、全員が決勝スターティンググリッドのフロントローに並んだことで、私たちは翌年に向けて確かな自信を得ました。最大のライバルにして当時の絶対的王者だったミシュランを、シーズン終盤になって少しは焦らせることができたのではないかと感じていました。ただし、これはいまになって振り返ればという話ですが、ブリヂストンがこのときに好成績を残せたのは、コースに対するデータ不足がむしろプラスとして働いた結果かもしれません。 オーストラリアGPが開催されているフィリップアイランドサーキットは、とくに最終コーナーでリヤタイヤにかなり負荷が掛かり、発熱という点に関して非常に厳しいコース。そのため、長年にわたる最高峰クラスへの参戦でフィリップアイランドの特徴を熟知していたミシュランは、安全マージンを確保するためハードな構造またはコンパウンドのタイヤを使用していたのではないかと想像しています。ところが最高峰クラス参戦初年度の我々には、そこまでのデータがありませんから、とくに気にすることなく予選でソフトなタイヤを導入。これが全選手フロントローにつながったというストーリーだったのかも……と。ちなみに、ブリヂストンが公式タイヤサプライヤーとして独占供給していた2013年には、このコースに路面全面改修が施されたことで、タイヤに対してよりシビアになったことから耐久性が問題となり、決勝中にピットイン&マシン交換を義務づける異例のレギュレーションを導入したこともあります。 まあそれはともかく結果として我々はこのレースで、プロトン・チームKRのジェレミー・マクウィリアムス選手が予選でブリヂストン初のポールポジション、決勝ではカネモトレーシングのユルゲン・ファンデン・グールベルグ選手がブリヂストンとしてのベストリザルト更新となる5位を獲得して、翌年のさらなる躍進に向けて士気を高めていました。

【関連記事】