Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

THE BACK HORN、作家・住野よるとのコラボ作品『この気持ちもいつか忘れる』9/16発売

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
rockinon.com

THE BACK HORNが、作家の住野よるとのコラボレーション作品『この気持ちもいつか忘れる』を9月16日(水)に発売する。あわせて、同作のティザー映像が公開された。 同作は、住野による初の恋愛長篇小説にTHE BACK HORNの5曲入りCDがついた『この気持ちもいつか忘れる CD付・先行限定版』として、書籍形態で発売。「THE BACK HORNの楽曲を聴きながら作品世界に浸ってほしい」という住野の熱い思いが込められているといい、住野が学生時代から敬愛するTHE BACK HORNと、作品の構想段階から打ち合わせを重ね、創作の過程も共有し、双方向に影響を与え合うことで生み出された新しい形のコラボレーション作品とのこと。書籍刊行物としては珍しい形態の出版で、小説と音楽、どちらも作品制作の段階から互いに影響し合い、1冊の本として刊行するのは出版・音楽史上初の試みという。なお、本文のみの書籍と配信音源は約1ヶ月遅れて10月19日(月)にリリースされる。 また、今回の発表に先駆けて、同作の収録楽曲であり、小説のテーマ曲ともいえる“ハナレバナレ”が先行配信中。 【住野よる コメント】 敬愛するバンドTHE BACK HORNと共に、小説と音楽の境界線をこえようとした新作が刊行されます。小説と音楽で完成する作品です。二つの異なる文化が折り重なり、どうかあなたの心を穿ちますよう願っています。 【THE BACK HORN コメント】 住野よるさんとTHE BACK HORN。お互いをリスペクトし、刺激し合い、想像し合い、共鳴して生まれた渾身の作品です。 二つの表現にそれぞれの楽しみ方がありながら、両方を行き来し、個々に芽生えた感情が混ざり合う時、皆さんの心にどんな新しい景色が描かれるかとても楽しみです。そして、それが少しでも皆さんの日常を照らし出すものでありますよう願っています。小説と音楽の無限の可能性が広がってくれたら嬉しいです。 【本書のあらすじ】 平凡な日常に飽き飽きとして生きる高校生のカヤ。16歳の誕生日を迎えた直後、深夜のバス停で出会ったのは爪と目しか見えない異世界の少女だった。真夜中の邂逅を重ねるうち、互いの世界に不思議なシンクロがあることに気づき、二人は実験を始める──。 ●書籍情報 住野よる『この気持ちもいつか忘れる CD付・先行限定版』 2020年9月16日(水)発売(予定)  本体価格:1700円(+税) 《CD収録内容》 THE BACK HORN『この気持ちもいつか忘れる』 “ハナレバナレ”を含む全5曲収録 ※プレイパスコード付き 住野よる『この気持ちもいつか忘れる』 2020年10月19日(月)発売(予定)  本体定価:1600円(+税) ※10月に刊行の書籍にはCD&プレイパスは付きませんのでご注意下さい。 ●リリース情報 THE BACK HORN『この気持ちもいつか忘れる』E.P 2020年10月19日(月) 深夜0:00~ “ハナレバナレ”を含む全5曲収録 iTunes Store ほか主要配信サイト、音楽ストリーミングサービスにて配信予定 先行配信シングル『ハナレバナレ』 配信中 配信リンクはこちら 『この気持ちもいつか忘れる』 特設サイト THE BACK HORN オフィシャルサイト

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

【関連記事】