Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

暗号資産金融の“マインクラフト”になったイーサリアム──5年間の軌跡

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CoinDesk Japan

5年前の7月30日、イーサリアムチームの一部のメンバーはベルリンに集まり、築き上げてきたネットワークのスタートを見守っていた。 作業デスクの大画面モニターは、テストネットが102万8201番目のブロックに到達するまでのカウントダウンを刻んだ。前から読んでも後ろから読んでも同じ数字になり、素数でもある「1,028,201」がメインネットをローンチするナンバーとして選ばれていた。 アムステルダム、トロント、ニューヨーク、スイスのツークの拠点でも他のメンバーが本番化を待っていた。 その日は、数カ月に及ぶ作業の集大成だった。コア開発者は技術面での重責を担い、デザイナー、マーケティング担当者、コミュニティマネージャーも力を尽くした。イーサリアムを推進しようとする人たちは、コミュニティを持たない分散型ネットワークは失敗すると分かっていた。 初期のチームメンバーはまた、イーサリアム(ETH)の販売に向けて弁護士と膨大な時間を費やしてもいた。激しい争いを経験した者もいたが、多くのメンバーは無給で貯金を切り崩しながら、一つの目標に取り組んでいた──ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が2013年11月にホワイトペーパーで掲げたビジョンを実現することに。

「IT’S HAPPENING」

午後4時26分、テストネットが事前に定められていたブロックに到達したとき、緑のレーザービームと「IT’S HAPPENING(始まった)」という文字とともに、喜びで両腕を上げるロン・ポール(Ron Paul)氏のミーム(ネットで話題となった画像)が画面に表示された。 チームがシャンパンのボトルを開ける間、チャットルームはロケットの絵文字で埋めつくされた。 イーサリアムネットワークは瞬く間に、他の新興ブロックチェーンを置き去りにし、ビットコインに次ぐ第2位の暗号資産(仮想通貨)に成長、時価総額は現在、約350億ドル(約3兆7500億円)にのぼる。

【関連記事】