Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

CL準々決勝、バルセロナ対バイエルンについて知っておきたい7つのこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER KING

 14日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)では、準々決勝屈指のビッグマッチが開催される。バルセロナとバイエルン、互いに5度の欧州制覇を誇る名門クラブが激突するのだ。7日に行われたラウンド16セカンドレグでは、バルセロナがナポリを3-1、バイエルンがチェルシーを4-1で下し、ベスト8進出を決めた。 『エシュタディウ・ド・スポルト・リジュボア・エ・ベンフィカ』での一発勝負を制するのは、果たしてどちらのチームか。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』やスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』の情報をもとに、知っておきたい7つの情報を紹介する。

1. 事実上の優勝決定戦!?

 CLの準々決勝を戦うのは、両チーム共に今回で18回目。これは大会記録になる。CLでの直接対決は9回目。過去8試合の成績はバルセロナの2勝、バイエルンの5勝、そしてドローゲームが1つと、バイエルンが大きく勝ち越している。決勝トーナメントで顔を合わせるのは今回で4度目となるが、過去3回は“勝ち抜けた方が優勝”しているのが大きな特徴だ。2008-09シーズンの準々決勝と2014-15シーズン準決勝はバルセロナ、2012-13シーズンの準決勝はバイエルンに軍配が上がり、いずれも勝者がビッグイヤーを手にした。またいずれも3冠を達成したことで知られている。つまり今回の一戦は、“優勝決定戦”と言っても過言ではない。

2. 2020年無敗のバイエルン

 勢いでは、バイエルンに軍配が上がるだろう。彼らは昨年12月7日のブンデスリーガ第14節ボルシアMG戦(1-2)で敗れて以来、公式戦27試合無敗。その間に26勝(唯一の引き分けはライプツィヒ戦)を挙げて、ブンデスリーガでは8連覇、DFBポカールでは2連覇を達成した。現在18連勝中、その間に挙げた得点は「56」と圧倒的な成績を残している。一方のバルセロナは、13シーズン連続でCL8強入りを決めたものの、リーグ3連覇を逃し、コパ・デル・レイも準々決勝で敗退。このCLで優勝できなければ、2007-08シーズン以来の無冠となる。

【関連記事】