Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

00~09年のインハイ奈良県代表成績_02年に奈良育英が県勢初の8強、09年一条も地元大会で躍進

配信

ゲキサカ

[2000~2009年のインターハイ奈良県代表校成績]  2000~2009年のインターハイ奈良県代表の最高成績は02年の奈良育英高と、09年の一条高のベスト8だ。  GK河原正治(元広島)やMF吉田智尚(元水戸)を擁した02年大会の奈良育英は、東海大五高(福岡)との初戦で0-2から6得点を奪い返して逆転勝ち。2回戦で岐阜工高(岐阜)を2-0で退けると、3回戦ではMF尾崎広明の先制ヘッドと吉田のゴールによって近大附高(大阪2)を2-0で破った。これで奈良県勢初となるベスト8進出。準々決勝は後半の2ゴールで国見高(長崎)に屈したが、奈良の歴史を塗り替えている。  一条は地元・奈良開催だった09年大会で躍進した。初戦となった2回戦・徳島商高(徳島)はFW岡本一貴の2ゴールなどによって4-2で撃ち勝ち、インターハイ初勝利。続く3回戦では、MF中城諒(→同志社大)の仕掛けやGK小池洋平(→同志社大)を中心とした好守によって金光大阪高(大阪1)を3-0で退け、ベスト8へ駒を進めた。佐賀東高(佐賀)との準々決勝は一度逆転されながらも追いついたが、試合終了間際の失点によって2-3で競り負けている。  奈良育英は00、01、03、08、09年にも出場。札幌などで活躍したMF西嶋弘之が10番を背負い、2年生FW石田雅人(元横浜FC)も擁した00年は初戦(対大船渡高)、2回戦(小野田工高)で西嶋が2試合連続決勝ゴールを決めた。3回戦では石田が同点ゴールを決めたが、富山一高(富山)に1-2で敗れた。奈良育英は地元開催の09年大会でもDF二見宏志(現長崎)らが奮闘して16強。1、2回戦でMF澤田健哉(元FC大阪)らが計7ゴールを決めて3回戦へ進出したが、玉野光南高(岡山)に1-6で敗れている。01、03、08年は初戦で敗れている。  一条は初出場だった04年大会初戦で那覇西高(沖縄)と対戦。MF中原浩介(元千葉)のゴールで追いついたものの、PK戦で敗れた。GK己浪学(元YS横浜)がゴールを守った05年大会も初戦で千葉敬愛高(千葉3)に0-0からのPK戦で敗戦。07年も優勝校の市立船橋高(千葉2)に初戦で敗れたが、後輩たちが地元開催の09年大会で活躍した。五條高は06年大会で34年ぶりにインターハイ出場。DF飯野健太郎主将(→関西大)を中心に戦ったが、初戦で四日市中央工高(三重)に敗れている。 以下、00~09年のインターハイ奈良県代表校成績 ※()内は出場回数 [2009年] 第1代表校:一条高(4) 2回戦 4-2 徳島商高(徳島) 3回戦 3-0 金光大阪高(大阪1) 準々決勝 2-3 佐賀東高(佐賀) 第2代表校:奈良育英高(14) 1回戦 3-0 東海学園高(愛知1) 2回戦 4-1 草津東高(滋賀) 3回戦 1-6 玉野光南高(岡山) [2008年] 代表校:奈良育英高(13) 1回戦 2-4 香川西高(香川) [2007年] 代表校:一条高(3) 1回戦 0-3 市立船橋高(千葉2) [2006年] 代表校:五條高(2) 1回戦 0-4 四日市中央工高(三重) [2005年] 代表校:一条高(2) 1回戦 0-0(PK5-6)千葉敬愛高(千葉3) [2004年] 代表校:一条高(初) 1回戦 1-1(PK4-5)那覇西高(沖縄) [2003年] 代表校:奈良育英高(12) 2回戦 2-3 岐阜工高(岐阜) [2002年] 代表校:奈良育英高(11) 1回戦 6-2 東海大五高(福岡) 2回戦 2-0 岐阜工高(岐阜) 3回戦 2-0 近大附高(大阪2) 準々決勝 0-2 国見高(長崎) [2001年] 代表校:奈良育英高(10) 1回戦 0-2 東福岡高(福岡) [2000年] 代表校:奈良育英高(9) 1回戦 2-1 大船渡高(岩手) 2回戦 1-0 小野田工高(山口) 3回戦 1-2 富山一高(富山) ※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ

【関連記事】