Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

天気安定しない つきまとう夏の空気 週間予報

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーマップ

 15日(火)午後は、湿った空気の影響で、北・東日本で天気の崩れる所がある見込み。北海道は夜遅くから16日(水)未明にかけて、局地的に激しい雨の降る所がありそうだ。あす16日(水)は全国的に雲が広がりやすく、日中は関東や東北を中心に雨や雷雨の所がある見通し。前線に近い九州南部は日中、激しい雨の降る所がありそうだ。

西日本で大雨のおそれ

 17日(木)は西から雨の範囲が広がり、湿った空気が流れ込む西日本は雨脚が強まり、18日(金)にかけて大雨となる所がある見込み。北日本でも、17日(木)夜遅くから18日(金)にかけて、まとまった雨の所がある見通し。東京など関東は17日(木)、18日(金)とも天気の崩れは小さい予想だが、真夏を思わせる蒸し暑さとなりそうだ。特に、18日(金)は気温が34℃前後まで上がるため、熱中症など健康管理に注意が必要となる。

土、日 すっきりせず

 19日(土)は湿った空気の影響で東・西日本で雲が取れにくく、雨の降る所がある見込み。雷雨にも注意が必要となる。20(日)は西日本の日本海側で天気が回復傾向だが、東・北日本の各地は雲の取れにくい状態が続きそうだ。

連休最終日 ようやく広く晴天

 21日(月・敬老の日)は西日本で晴れる所が多いが、東・北日本は湿った空気の影響で曇りがちの所が多い見込み。北日本は雨の降る所がありそうだ。22日(火・秋分の日)は北日本ですっきりしない天気の所があるが、その他の各地は高気圧に覆われて広く晴れる見通し。 (気象予報士・高橋和也)

【関連記事】