Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

村上春樹 ハワイでの“奇跡的な出来事”を振り返る「巡り会いというのは、ほんとに面白いもの」

配信

TOKYO FM+

作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの緊急特別番組「村上RADIO ステイホームスペシャル ~明るいあしたを迎えるための音楽」が、5月22日(金)に放送されました。 「村上RADIO」シリーズの「緊急特別版」となる本番組は、「新型コロナウイルスをめぐる厳しい状況やつらい気持ちを、音楽の力で少しでも吹き飛ばせたら……」という村上さんの思いに応えて立ち上がった企画。約2時間にわたり、村上さんが選曲した楽曲やリスナーから寄せられたメッセージを紹介しました。本記事では、後半3曲についてお話しされた概要を紹介します。

◆Bob Marley & The Wailers「Sun Is Shining」

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ「Sun Is Shining」。僕はボブ・マーリーの『Natural Mystic』というアルバムで、この曲を知ったんですけど、このCDは自分で買ったんじゃないんです。ずっと前にハワイのマウイ島でレンタカーを借りたら、カーステレオにこのCDが残されていたんです。前に借りた人が取り忘れたんですね。よくあることです。で、それを聴きながらずっとマウイを回っていて、すっかり音楽が気に入りまして、車を戻すときに何も言われなかったので、そのままいただいてきました。でもね、そんなわけでケースなしの、裸のCDだけを持っていたんです。ところが、その2年後のある日……。ホノルルの「グッドウィル」という救世軍みたいなショップで、この『Natural Mystic』のケースとライナーノートだけ、中身なし、っていうのを見つけました。ついていた値段は1ドルでした。きっとマウイでCDを忘れてきた人が、ケースとライナーだけをそこに寄付していったんですね。もちろん僕は1ドル払って、それを買ってきました。というわけで、今では中身と容れ物が揃った完全な『Natural Mystic』を、ここにこうして所有しています。巡り会いというのは、本当に面白いものです。うん、人生の幸運を信じましょう。

【関連記事】