Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小6で母と死別した斉藤とも子、思い出すと今でも涙が出る「おばちゃんたちのお弁当」

配信

テレ朝POST

1970年代後半、ドラマ『青春ド真中!』(日本テレビ系)や『ゆうひが丘の総理大臣』(日本テレビ系)をはじめ、多くの学園ドラマで優等生の女生徒を演じ、知的な美少女ぶりが話題を集めた斉藤とも子さん。 『若い広場』(NHK教育テレビ)のなかの「マイブック」コーナーでは名だたる有名作家をゲストに迎えて聞き手をつとめ、映画『悪魔が来りて笛を吹く』(1979年)にヒロイン役で出演。結婚、出産、離婚を経て、38歳のときに東洋大学社会福祉学科に入学し、女優としてだけでなく、介護福祉士としても活躍。 7月25日(土)にはナレーションをつとめた映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』の公開が控えている斉藤とも子さんにインタビュー。

◆母の前では絶対に泣かないと決めていた

神戸で、医師である父親と専業主婦の母親の次女として生まれた斉藤とも子さんは、1972年、小学校6年生のときに母親をがんで亡くしたという。 「母の病気のことはわかっていました。小学校4年生の夏休みに、父と母、4歳の妹と淡路島に行って、船釣りをしたり、民宿みたいなところに泊まって、すごく楽しかったんですけど、帰ってきてすぐに母が『血便が出る』と言ったんです。 それで、ひとりでがんセンターに行って調べてもらって、お医者さんからがんだということを聞きだして、『お母さん、やっぱりがんやったわ』って電話で聞いたのを覚えています。 それが小学校4年生の秋のことで、母は38歳。S字結腸がんだったんです。手術したのですが、肝臓とかリンパ腺に飛んでいて、これはダメだということで、すぐに閉じられて、お医者様は、『あと3か月ぐらいしか持たない』って言われたそうです。 それで、父が医者だったので家に引き取って漢方とか色々やって、2年半ぐらい。6年生の卒業式の直前まで生きてくれました。 最期は、丸一日意識不明の状態だったので、もう助からないということは、どこかでわかっていました」 -妹さんはまだ小学校1年生だったそうですね- 「はい。妹にとって母の闘病は、4歳から7歳まででした。まだ小さくて、いっぱい甘えたかったと思いますが、母は私たちが強く生きていくことを望んでいました。 枕元に呼ばれて『お母さんが死んだら、お父さんの言うことをよく聞いて、みんなで力を合わせて、元気に生きていきなさい』というようなことをしょっちゅう言われていましたから。 それと、『泣かないで。お母さんが死んで悲しまれることが一番ツライ』って。 実は、私が2歳のとき、3歳の姉・陽子がベランダから落ちて亡くなっているんです。 だから、『お母さんは陽子ちゃんに会えるから、死ぬのは全然怖くないのよ。ただ、あなたたちを残していくことだけが心配。どうか、みんなで仲良く明るく生きてね』って。泣くと母が悲しむので、『母の前では絶対泣かない』と、いつも思っていました」 -お母様はすごい方だったのですね- 「そうですね。私も今になってすごいなあって思うんです。母はもう助からないと自分でわかっていたわけだし、痛みもかなりあったと思うんですよね。 でも、当時はまだモルヒネがあまり使われていなくて、父も、意識が朦朧(もうろう)としたり、命を縮めてしまうんじゃないかって思って、一切使わなかったんです。 その父も5年前、がんで亡くなりました。自分もがんになって、はじめてその痛みや苦しみがわかって、『お母さんがあんなに痛がっていたときに、何でモルヒネを使ってあげなかったんだろう』 『1日でも長く生きて欲しかったから使わなかったけど、それはお母さんにとって、どれほど残酷だったことか』って、亡くなる間際まで、悔いていました」 ※斉藤とも子プロフィル 1961年3月14日生まれ。兵庫県出身。1976年、ドラマ『明日への追跡』(NHK)でデビュー。ドラマ『青春ド真中!』(日本テレビ系)、『ゆうひが丘の総理大臣』(日本テレビ系)、『若い広場』(NHK教育テレビ)、映画『ひめゆりの塔』、舞台『父と暮せば』など、ドラマ、映画、舞台に多数出演。1999年、38歳のときに東洋大学社会福祉学科に入学。2003年、東洋大学大学院に進学し、「きのこ会」という原爆小頭症患者とその家族の会と出会い、その歩みを修士論文に。2005年、同大学院社会学研究科福祉社会システム専攻修了。論文をもとに『きのこ雲の下から、明日へ』を上梓。7月25日(土)に公開される映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』ではナレーションをつとめている。

【関連記事】