Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新アニメ「いわかける」上原隼役・石川由依、スポーツクライミングに驚き「人ってこんなことができるんだ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 スポーツクライミングを題材にしたアニメ「いわかける!- Sport Climbing Girls -」が10月3日から放送開始となった。パズルゲームの天才・笠原好(かさはら・このみ)がふとしたきっかけから、スポーツクライミングの世界に飛び込み、ゲームの才能も活かしながら奮闘するストーリーだ。天才肌の笠原に対して、努力派の同級生・上原隼(うえはら・じゅん)を演じるのが人気声優・石川由依だ。過去に例のないクライミングを題材としたアニメにどう取り組んだのか。 -先月、初めてクライミングに挑戦したと伺いました。(アニメ収録は終了済み)  石川由依(以下、石川)  興味はすごくあったんですけど、なかなか行く機会がなくて。最初の方は「意外といけるかも」と思ったんですけど、レベルが上がっていくにつれて、難しいホールドも増えて「あれ、これ届かないんじゃない…?」というところも結構ありました。初めてそこで恐怖心を覚えて、この気持ちはそういえば隼にもあったなと思えて、すごくおもしろい発見ができました。 -翌日、お体の方はいかがだったでしょうか。  石川  全身が筋肉痛でした(苦笑)最近は特に運動もしていなかったので、上半身や太ももとかに結構きましたね。

-原作を読んでの作品全体の印象をお願いします。  上坂すみれ(以下、上坂)  最初はかわいくてスタイルのいい女子たちが汗を流しながらがんばる姿を目当てにコミックスを読んでいたのですが、いつのまにかスポーツクライミングの奥深い魅力に引き込まれていきました!キャラクターたちが皆それぞれの信念を持っていて、かっこいいです。  主人公の好が通うのは、花宮女子高校。天才パズルゲーマーとして様々な大会で優勝してきたが、そんな生活からの脱却も考える中、構内にあったクライミングウォールが目に止まり、キャプテン・四葉幸与に誘われるがまま初挑戦したところから、クライミングの世界にハマっていく。演じた上坂も、原作に触れてクライミングに引き込まれたところはシンクロしたようだ。 -演じた笠原好というキャラクターについての印象、演じてみての感想などをお願いします。  上坂  好は天才的なオブザベーション(観察)力を持っていて、スイッチが入ったときの無敵感がすごい一方で、何かにつまずくと落ち込んだり涙してしまう一面もあって、演じるたびに心が寄り添っていくキャラクターでした。感情がすぐ顔に出ちゃうところがかわいいです!

【関連記事】