Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

草彅 剛×ユースケ・サンタマリア リアル型バラエティ「なぎスケ!」シーズン2の配信が決定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 数千本もの対象の人気映画やテレビ番組が見放題のAmazon Prime Videoにて独占配信中の「なぎスケ!」が、11月19日(木)よりシーズン2の配信が決定。  「なぎスケ!」は草彅 剛、ユースケ・サンタマリアの2人が大人の趣味を増やしていくべく、いろんな企画にチャレンジしていくリアル型バラエティ番組。毎回豪華なゲストを招き、ゲストのハマっている趣味や興味があることを一緒に挑戦しながら、“夢中になれる何か”を求めていきます。  10月13日(火)に行なわれた番組初の生配信で、11月19日(木)より「なぎスケ!」のシーズン2がスタートすることが決定。突如、江頭2:50からのお祝いメッセージVTRと共にシーズン1のオープニング曲には、江頭の「エガちゃん」「ドーン!」といった合いの手が入っていたという衝撃の事実が明らかになりました。  シーズン2をスタートするにあたって、生配信では新たなオープニング曲を草彅とユースケが即興で制作。「前回を超えていこう」と草彅が言うと、ユースケも「しっかり作りたい」と前向きなコメントが。Twitterで募集したファンからの「漂う」「流れる」「逆らわずに気の向くままにそよぐ」といったワードを拾いながらオープニング曲を制作しました。  オープニング曲作りに「限界がきた」という草彅&ユースケの元にシーズン1の曲作りを見ていたという草彅憧れの斉藤和義も参加。以前、斉藤の弾き語りを見て感銘を受けたという草彅は「いつか一緒にギターで曲作りをしたいと思っていた」と熱い思いを告白。斉藤にプレゼントされたお揃いのギターで草彅が演奏をおこない、ユースケが「アニーダ!」といった独特のワードでユニークに作詞を仕上げ、斉藤が的確なアドバイスでオープニング曲を形に。遂には「何かが足りない!」とユースケが言い出し、なぎスケと親交の深い大熊英司アナウンサーを「フルートを吹きに来てくれ」と急きょ呼び出し、オープニング曲制作に飛び入り参加。サプライズで呼ばれた大熊アナは、なぎスケコンビとの久々の再会と斉藤の参加に驚きと戸惑いの表情を隠し切れない様子。再会を喜ぶ間もなくフルートを演奏するも、ユースケ「歌いにくい!」「フルートはサビだけにして」と散々な言われよう。また、ユースケからの指令で大熊アナは「フリーになっても頑張るぞ!」と謎の宣言をさせられると全員が大爆笑するなど気心知れた空気感が漂います。最後には、本番一発録りでセッションをおこない大波乱&大盛り上がりの90分となりました。大熊アナのフルート演奏と、「なぎスケ!」ファンのワードを詰め込み、斉藤和義がこれから仕上げに入る新オープニング曲の完成版は11月19日(木)より配信開始の「なぎスケ!」シーズン2で見ることができます。 (C)なぎスケ!製作委員会

【関連記事】