Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【本気度MAX】『鳥さわ』に教わる、家焼き鳥ランクアップ術

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

自宅で過ごすことが多くなり、家飲みも空前の盛り上がりを見せる今、焼き鳥を自宅で楽しむ人も多くなってきている。某有名店は、焼き鳥を焼くための調理家電と串打ちされた肉をセットで販売し、それが数千セット売れるなんて時代に。そんな焼き鳥を一番美味しく焼くには本来であれば炭火が必要。だが、家で炭を用意するには労力がかかり過ぎるので、ガスでより店の味を出せないもんかと、焼き鳥の人気店『鳥さわ』に伝授してもらった。

プロに教わる、ガス火で美味しく焼き上げるコツ

店をオープンする前、自宅のガスコンロで焼き鳥の練習をしていたという『鳥さわ』店主の中澤氏。そんな“家焼き鳥”熟練者である彼だからこそ、家で店の味に近づけるとっておきの方法を教えてくれた。 「家で焼き鳥をする際、火を均等に通すことが大切だけど、ガスは肉に火が入りにくい。」と中澤氏。店では、鶏肉を他の店よりも厚めに刺し、塊にすることでジューシーさを出すが、ガス火の場合はなるべく肉を平らにして焼くことが重要だという。

家焼き鳥の三箇条

『1 肉に火を均等に通す』 焼き鳥はムラなく肉を焼くことがなにより重要だ。そこで、均等に火を通すため串に肉を刺した後、平たくなるように押さえつける。肉の厚さを薄くして焼くようにしよう。 『2 伝熱性の高い金串を使う』 家庭のガス火で鶏肉を焼くには、炭火と違ってなかなか火が通りにくい。そのため、伝熱性の高い金属性の串を使う。竹串は燃えてしまうので避けた方が良い。 『3 肉に酒を漬けて焼く』 鶏肉を塩焼きにする場合は肉質をふっくらさせるため、料理酒に漬けてから焼く。タレ焼きの場合は、材料にミリンを使用しているので漬けて焼く必要はない。

では基本の焼き方を見ていこう

焼き鳥の第一歩は串の刺し方。肉にしっかりと火を通すためにも習得しておこう。それをマスターしたら“塩焼き” と“タレ焼き” に挑戦。ここでは鶏もも肉を使用する。ちなみに、ガス火で焼き鳥を焼く際、焼き目が付いてきて「もう十分かな」と思うかもしれないが、実は中まで火がしっかりと入っていないことが多い。慣れないうちは、別の金串を刺して中まで火が通っているか確認するのが良い。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ