Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「伊豆に巨大サーキットを」 1964東京オリンピック同年に構想された、幻の伊豆スピードウェイ計画

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
モーサイ

伊豆に「スピードウェイ」建設予定があった

“前回”の東京オリンピックが開催された1964年。バイク雑誌『モーターサイクリスト』の姉妹誌として、自動車専門誌『driver』は同年に創刊されている。 その創刊から間もない『driver1964年5月号』に、「伊豆スピードウェイ着工近し」という驚くべきニュースがある。 「スピードウェイ」といえば、もちろん「富士スピードウェイ」。筆者は今も反射的に「フィスコ(FISCO)」と言ってしまうが、トヨタ傘下で2005年にリニューアルオープンしてからは「FSW」が正しい略称だ。

『driver1964年5月号』記事に掲載の「伊豆スピードウェイ」略図を見ると、場所は伊豆スカイラインの亀石峠ICにほど近い、一般道を挟んだゴルフ場の斜め向かい。 今ここにあるのは、日本サイクルスポーツセンターだ。日本競輪選手養成所を併設する、自転車競技のメッカである。こちらの略称は「CSC」で、筆者が初めて訪れた1980年代から変わっていない。広いストレートと険しいワインディングを複合した「5kmサーキット」は、新型車の撮影・試乗会など自動車関係者にもおなじみだ。

話を60年代に戻すと、1962年(昭和37年)には日本初の本格的レーシングコース、鈴鹿サーキットが開設。 そして、時は1964年の春。高度経済成長によるモータリゼーションの急速な進展を背景に、鈴鹿に続けと日本各地に第2、第3のサーキット建設計画が持ち上がっていた。そのひとつが伊豆スピードウェイだったのだ。 「アジアレース(株)では、かねてから伊豆地方へ総合遊園地を兼ねたレース場をプランニングしていたが、来る5月からいよいよ本格的な進行のはこびを見るに至った」 (driver1964年5月号・文中より)

30度バンクがあったころの富士に匹敵する大スケール

レーシングコースは「幅員30mの1周約6km」。 フルコースの全長は当時の鈴鹿とほぼ同じだが、(現在は約5.8km)、鈴鹿は幅が現在でも最大16mしかない。 この点を考えると、あの30度バンクがあったころの富士スピードウェイに匹敵する大スケールである(現在のFSWは全長約4.5km、幅15~25m)。 「名称は『伊豆スピードウェイ』として明年8月頃には完成される予定だが、観光地伊豆に一大名物が一つ加わることになる。現地までは東京から約150kmで、(中略)各温泉地にも至近という立地条件は、数10万の大観衆を動員する<モータースポーツ>人口に、大いに重宝がられるであろう――と、主催者側も気をよくしている」 (driver1964年5月号・文中より)

【関連記事】