Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年上半期に売れたクラブは? 「売り上げトップ5」を聞いてみた!【ドライバー編】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

今年も多くのニューモデルが発売されたが、一番売れたのはズバリどれ!? ゴルフ小売り大手「ゴルフ5」の総売り上げデータを基に、番手ごとに連日ランキング形式で発表! 今回はドライバー編。

2月発売のSIMシリーズが2モデルともランクイン

さっそく、2020年上半期ドライバー総売り上げランキング、1位から5位までを見てみよう。 1位:テーラーメイド「SIM MAX」 2位:ピン「G410プラス」 3位:キャロウェイ「マーベリック」 4位:テーラーメイド「SIM」 5位:ダンロップ「ゼクシオ11」 堂々の1位に輝いたのは、テーラメイドが2020年2月に発売した「SIM MAX」。空気力学に基づいた独特な形状によって、ヘッドをよりスムーズに加速させる「イナーシャジェネレーター」という新たなテクノロジーが搭載されたモデルだ。PGAツアープロではジェイソン・デイが使用しているほか、ロリー・マキロイも最近になって使い始めている。 兄弟モデルのSIMも含め、SIMシリーズは低スピン性能と曲がり幅が少なく直進性の高い弾道を実現できるのがウリのひとつ。なかでもSIM MAXは打点のミスへの強さやつかまり性能を高めたモデルで、その点がアマチュアゴルファーにも評価されたのだろう。

そして、兄弟モデルのSIMも売り上げランキング4位。こちらはソールにスライド式ウェートが搭載されていて、ヘッド自体はつかまりを抑えた仕様となっている。タイガー・ウッズをはじめ、トッププロの人気が高いモデルだ。 また、5月からはつかまり性能や打点のミスへの強さをさらに高め、よりアマチュアが使いやすい性能となった「SIM MAX-D」もラインナップに追加された。上半期はSIMシリーズドライバーの注目度が高かったと言えるだろう。

発売から1年3か月経つも、未だ根強い人気のG410プラス

SIMのほかにも、前作からAIフェースをさらに進化させたキャロウェイの「マーベリック」が3位、国産ブランドの代表格ともいえるダンロップのゼクシオシリーズ最新昨「ゼクシオ11」が5位と、2020年モデルが続々ランクイン。

【関連記事】