Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宇部・岩鼻に「パスタ処 十兵衛」 コンセプトは「和風モダン」、生パスタ提供

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 宇部線のJR岩鼻駅近くに「パスタ処 十兵衛」(宇部市岩鼻町、TEL 0836-43-9990)が9月10日、オープンした。(山口宇部経済新聞) 【写真】看板メニューの「明太子クリームパスタ」  店長の深田竜一さん(44)は、2年ほど前から地元の工場で働きながら宇部・ときわ公園で開催されるフリーマーケットに出店したり、こども食堂でパスタを提供したりしてきた。店名の由来は歴史好きからで、明智光秀の別名「十兵衛」から名付けた。  店舗面積は28坪。店内の大きな窓から夕方には夕日と厚東川を一望できる。テーブル18席、カウンター4席、8人まで利用できる個室1室を設ける。カウンターは5席取れるところを4席にして間隔を空けてソーシャルディスタンスを確保。「お客さまやスタッフの安心安全には変えられない」と深田店長。  コンセプトは「和風モダンなパスタ屋」。パスタは、瀬戸内海の島にある高級生パスタ工場から直送の生パスタを使い、パスタソースは自家製ソースを使う。みそや2種類の昆布だし、萩のしょうゆなど、和風の調味料にこだわる。  看板メニューは「明太子(めんたいこ)クリームパスタ」(890円)。ときわ公園フリーマーケットで提供したパスタの中で「一番人気」だったという。女性スタッフの一番人気は「トマトクリームパスタ」(980円)。トマトソースは極力酸味を抑え、苦手な人でも食べられるソース作りを心掛ける。  「国産牛ボロネーゼ」(1,080円)、「キノコのゴルゴンゾーラ」(1,580円)などのパスタメニュー約10種類を用意。そのときの気分によってセット内容が選択できるようにし、「サラダと創作スープ」(300円)や「黒毛和牛のローストビーフ」(580円)、「前菜3点盛り」(350円)など6種類のセットメニューを用意。パスタと合わせて注文できる。  デザートは、自家製の「十兵衛プリン」や「パンナコッタ」(以上280円)を提供する。ドリンクは、瓶ビール(600円)やワイン(450円)、コーヒー(350円)や「トリプルベリースカッシュ」(480円)などをそろえる。想定客単価は1,500円前後。  深田店長は「料理好きが高じ、これまでイベント出店などで自信を付けてきた。コロナ禍で不安やプレッシャーはあるが、目の前の人たちを大事にしていきたいし、喜んでもらいたい。店を出た時に良い時間が過ごせたなと思ってもらえるまでがゴールだと思っている。テークアウトやお子さまセット、パスタを2種類楽しめるハーフ&ハーフなども検討していきたい」と話す。  営業時間は11時~18時。水曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】