Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハリウッドの新作映画は劇場公開にこだわるべきか、ストリーミング配信にすべきなのか? 米映画業界の苦悩

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WIRED.jp

あるときコメディアンのセス・ローゲンが冗談を言った。驚くことではない。彼はコメディーを演じることが仕事である。 米国での感染拡大が止まらなければ、もはや新作のハリウッド映画は観られない しかし、今回のジョークはいつもの気の利いたジョークよりも真実味があった。ローゲンは「The Hollywood Reporter」の取材に対して、新型コロナウイルスがまん延するなかでも何とか映画制作を進めようとプロデューサーたちと苦心しており、ひとつの“教義”(英語ではtenet=テネット)に従うことにしていると語ったのである。 「毎日、『WWCND』って言いながら頑張ってるんだ。WWCNDっていうのは『What would Chris Nolan do?』、つまり、『クリストファー・ノーラン監督なら、どうするか?』っていう意味なのさ」と、ローゲンは言う。「彼は自分の大ファンたちを“殺す”ことに決めたらしい。今日すぐにってことじゃないらしいから、まあよかったけど。こっちはどうしたらいいのか、まだわからないんだ。ほかの人たちより急いで方針を決めようとも思わないし」

ローゲンのジョークの真意

ローゲンのインタヴューがあった当日、ワーナー・ブラザースがノーラン監督の映画『TENET テネット』を8月26日以降に海外市場で順次公開すると発表した[編註:日本での公開は9月18日]。また米国内では安全に問題のない劇場に限定し、9月3日から上映開始するという。 ワーナーは当初、この映画を8月12日に劇場公開する予定だったが、そうしていたら米国の映画ファンをますます新型コロナウイルスの危険に晒すことになっていただろう。だからこそローゲンは、ノーランと彼のファンたちについてあんな冗談を言ったのだ。 ローゲンは最近、自分の新作映画『An American Pickle』を劇場公開ではなく、今年5月に始まった配信サーヴィス「HBO Max」でリリースした。米国では新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためのロックダウン(都市封鎖)のために映画館が休業中であり、多くの新作映画が映画館ではなくストリーミングで公開されている。彼の映画もその流れに従うものだ。どうやら今後、しばらくは米国人の多くは新作映画を自宅で観るしかなさそうな状況である。

【関連記事】