Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

竹内結子さん「子育ての大変さ」「プレッシャー」語っていた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NEWS ポストセブン

 女優の竹内結子さんが東京都内の自宅で亡くなっているのが発見された。40歳だった。警察は、状況からみて自殺の可能性があるとして慎重に調べを進めている。 【写真】竹内結子さん、夫・中林大樹との結婚前の焼き鳥デートで見つめ合うシーン

 竹内さんは、長澤まさみ主演の映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』で、香港の大財閥総帥で「氷姫」と呼ばれるラン・リウ(になりきる詐欺師「スタア」)を演じた。さらに、続編である映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』にも出演。この2作品では7月に亡くなった三浦春馬さんとも共演していたことから、ファンからは「三浦さんの死と何らかの関係があるのか」といった声も出ている。  2019年2月に俳優の中林大樹(35)と再婚し、今年1月に第2子となる男児を出産した竹内さん。最近発売された雑誌『LEE』10月号のインタビューでは、子育てについてこう語っていた。 「わかっていたつもりでしたが、眠れないし、もらった風邪はなおらないし……。赤ちゃんのお世話は本当に大変ですね。育児の常識も長男のときとは変わっていることが多くて、育児雑誌で離乳食について調べたりしています」  インタビューは前向きなトーンだが、2人目を育てる大変さについて心境を吐露していた。仕事についてはこうコメントしていた。 「以前は、誰かの気持ちを代弁するようなポジションが多かったのですが、最近は周りを思いやらない役が増えました(笑)。そういう人って自分の考えを主張するので、とてもセリフが多いんですよね。台本を見ても、ずっと私がしゃべってる!と。やりがいはありますが、同時にプレッシャーも」

 昨年公開された映画『長いお別れ』では、認知症でゆっくり記憶を失っていく父(山崎努)の長女という、物語の中心となる難しい役柄に挑戦していた。前出の映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』のラン・リウも、ストーリーの鍵を握る役だった。女優としはてベテランの域に入りつつあったが、その活躍の陰でプレッシャーを感じていたのだろうか。  9月1日には、CM出演している「サッポロ一番」のイベントに出席していた竹内さん。第2子出産後、初の公の場への登場で、「昔はお湯を沸かすのをはらはらして見守っていた息子(2005年に生まれた長男)が、自分で(サッポロ一番を)作るようになった」と語っていた。  インタビューでも、イベントでも笑顔をみせていた竹内さん。その訃報は、芸能関係者の間に大きな衝撃を与えている。 ◆相談窓口 「こころの健康相談統一ダイヤル」0570-064-556 「よりそいホットライン」0120-279-338(つなぐ・ささえる)、岩手県・宮城県・福島県からは0120-279-226(つなぐ・つつむ)

【関連記事】