Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

92クラブを対象に調査…最もユニフォームを売り上げているイングランドのクラブは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER KING

 12日に開幕した2020-21シーズンのプレミアリーグ。新型コロナウイルスの影響で無観客での試合開催が続いているが、サポーターたちはフットボールライフを再び満喫していることだろう。そんな彼らに欠かせないのが、ひいきのチームのユニフォームだ。特に毎年発表される新ユニフォームを手に入れることは、サッカーファンにとっての恒例行事と言える。  では、英国で新ユニフォームの売れ行きが最も良いクラブはどこなのか。同国のファッション通販サイト『LoveTheSales』は、イングランドの1部リーグ(プレミアリーグ)から4部リーグ(フットボールリーグ2)に属する全92クラブを対象に独自調査を実施。系列サイトの『LoveTheSales.com』で新“ホーム”ユニフォームの売れ行きをランキング形式で発表した。ここではそのうち上位20クラブを紹介する。 ※ランキングは9月14日発表時点のもの ※調査時点で92クラブのうち3クラブは新ホームユニフォームが未販売

▼20位 ウェスト・ブロムウィッチ

3シーズンぶりのプレミア復帰を決めたウェストブロムが20位。昨年の順位から16ランクアップを達成した。

▼19位 レスター

昨季はトップ4争いを繰り広げたレスターだが、ユニフォームの売れ行きに関しては昨年から5ランクダウンの19位となっている。

▼18位 ワトフォード

昨季はプレミアからの降格が決まったものの、今回発表されたランキングではトップ20入り。昨年から4ランクアップを達成した。

▼17位 ブレントフォード

今回、大幅なランクアップを果たしたのが、チャンピオンシップ(2部)に在籍するブレントフォード。前年比で39ランクアップを実現した。昨季は昇格プレーオフで敗退したものの、2部リーグ3位と躍進したのが大きな要因だという。

▼16位 サウサンプトン

昨季はトップ20圏外だったサウサンプトン。新ユニフォームのリリース後に、胸に入っているメインスポンサーが変わるというアクシデントに見舞われたが、たすき掛けのデザイン自体は好評のようので、16位に入った。

【関連記事】