Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

操作不要。スマホのGPSで自宅の家電をコントロールできる?

配信

ライフハッカー[日本版]

「OK Google、エアコンを消して」「アレクサ、リビングの照明をつけて」 これまでは、音声で家電製品のON/OFFなどをコントロールしてきましたが、いよいよ次のステージに入ったようです。 【全画像をみる】操作不要。スマホのGPSで自宅の家電をコントロールできる? 「GPS連携」。これは、自宅などの指定エリアから離れたり、近づくことで、スマホの位置情報サービス/GPSを基に、家電製品をまとめてON/OFFできるというもの。 そこで、スマート家電や関連製品などを手がける+Styleが発表したGPS連携によるスマートライフを編集部員、鈴木の自宅で試してみました。

操作不要。外出時と帰宅後に自宅の環境をどうしたいか、家電の設定をしておくだけ

+StyleのGPS連携機能は、専用のスマホアプリで指定場所を出発後・到着前に複数の家電を自動でON/OFFでき、設定できる範囲は半径約100m~1000m。 たとえば、自宅を出発して100m離れると照明やエアコンをOFFにして消し忘れを防止。最寄り駅から自宅まで500mに近づくと照明やエアコンをONにして、帰宅時に快適な室内空間にしておくことができるわけです。 GPS連携に設定できる家電は、+Styleが手がけるスマート家電のほか、既存の家電も+Styleの「スマートマルチリモコン」に登録しておけば可能。 さらに、電源のON/OFF以外にも、スマート照明であれば「明るさ」「色温度」、スマートロボット掃除機であれば「掃除モード」「吸引レベル」、スマートマルチリモコンと連携したテレビやエアコンであればリモコンのボタン操作をそのまま設定できます。 話しかけなくても、スマホアプリで操作しなくても、ライフスタイルに合わせて自宅の家電が自動で制御できるわけです。では、なにもしなくていいのが、どこまで心地よいのか、実際に試してみました。

GPS連携を試してみたら、一人暮らしに良いことずくめだった

今回、編集部・鈴木の自宅リビングで設定した+Styleのスマート家電は、作業テーブルの上に置いた「スマートLEDデスクライト」、あえてリビングの床に設置した「スマートLEDベッドサイドランプ」、「スマートWi-Fiプラグ」に接続した既存の間接照明、「スマートロボット掃除機 B300」。 まず、外出時に試してみました。 カーテンを閉めて、薄暗い中に灯る照明ですが、自宅から100m離れると電源がOFFに。さらに、不在時に自宅の床を掃除するように、スマートロボット掃除機をONに設定。 動画で紹介したように、自動で照明が消えると同時にスマートロボット掃除機が床掃除をはじめました。スマートロボット掃除機 B300は、短時間で効率よく床掃除ができる簡易ルームマッピング機能を搭載。汚れている場所をピンポイントで掃除することもできるので、ちょっと買い物に出かける程度の時間でもキレイにしてくれたそうです。 では、帰宅時の様子も見てみましょう。 帰宅時は、自宅まで100mになったら照明がONになるように設定してみました。 一人暮らしの暗い部屋ではなく、明るい部屋に帰ったことで気持ちも明るくなったそうです。今回は照明だけでしたが、エアコンや空気清浄機など部屋全体の温度や湿度、空調を整えることもできます。 何もしなくても、誰かがやってくれたかのように自宅が快適な空間になる。 これって、かなり便利かもしれませんね。 紹介した「GPS連携」は、アプリで簡単に設定するだけ。+Styleのスマート家電と、スマートマルチリモコンを介して、既存の家電でも利用できるので、自宅のスマートホーム化を考えてみてはいかがですか。 Source: +Style , GPS連携 Image: +Style , Janis Abolins/Shutterstock.com , ライフハッカー編集部 Screenshot: ライフハッカー編集部 Video: ライフハッカー編集部

香川博人

【関連記事】