Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

仕事にプライベート持ち込んでもいい 聴覚障害の両親持つ社長の決意 ビジネスを円滑にする「必要な無駄」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

仕事とプライベートは分けるべきか。上司と部下、同僚同士でも、私生活に立ち入られることに抵抗感を抱く人は少なくありません。一方で、まったくバックグラウンドがわからない人とは仕事がしにくい場面もあります。聴覚障害者の両親を持つ耳の聞こえる子ども(通称CODA)として、声で話すよりも先に手話を身に付けた尾中友哉さんは、自身の経験から「プライベートな会話を『必要な無駄』として取り入れることが大事」と語ります。聴覚障害者の持つコミュニケーション感覚を組織開発にいかすビジネスを起業した尾中さん。副業やリモートワークなどが広がる中、尾中さんの言葉から、職場でのプライベートな距離の取り方について考えます。(櫻井紫乃) 【画像】「適当って、どれくらい?」 誰に対しても当てはまる! 札幌市の発達障害「虎の巻」が話題に

楽しむコツは「務め」を仕事にする

尾中さんは聴覚障害の両親のもとで育ち、声で話すよりも先に手話で話し始めました。子どもの頃から、両親と関わる大人の間に入り手話通訳をしてきたそうです。通訳の際には、正しく情報を伝えるために、発話者の表情や動きをよく観察し、言葉の内側にある心の動きも捉えられるよう意識してきました。 耳の不自由な父の背中を見て育った尾中さん。聴覚障害により多くの苦労を背負ってきた気持ちに触れ、いまを一生懸命生きようという思いが強かったと話します。 学生時代には映像制作や、新聞制作に打ち込みました。就活では、マスコミ業界を重点的に受け、念願の大手広告会社に入社します。 しかし、連日続く接待や誰の反応も見えない仕事に働く目的を見失い、2年で退社。その後、フリーランスを経て起業しました。自身の経験を通して、仕事の軸にしていることがあるそうです。 「『務め』になるようなことを仕事にする」 尾中さんが大事にしているのは、江戸時代の、私的な部分である暮らしと、公的な部分である仕事の間にあった「務め」の概念です。 例えば道路を掃除することは、普段の暮らしを快適にするためでもあり、その道を使って仕事をしやすくするためでもあります。また、自分以外の地域の人にとっても役に立つことでした。 「『務め』を通して、社会とのつながりを持つ。リラックスして、熱中して取り組めることは何か」 会社を辞めた尾中さんは、良い意味で「公私の境目がなくなる」ような「務め」を仕事にすることができないかと考え始めました。

【関連記事】