Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

心、軽やかに――神里和毅、真夏の疾走/FOR REAL - in progress -

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

優勝を目指して戦う横浜DeNAベイスターズ。その裏側では何が起こっているのか。“in progress”=“現在進行形”の名の通り、チームの真実の姿をリアルタイムで描く、もう一つの「FOR REAL」。 DeNA・「盗塁」は期待できないが「走塁」は別

 とめどなく流れる汗は充実をふくんでいる。  8月、出場した12試合で、47打数17安打の打率.362。ベース間を駆け、本塁を踏む姿を短期間のうちに幾度も見せた。  久々にスタメンに名を連ねるや4安打と固め打ちした8月4日。ゲーム後に指揮官が残したコメントを引用したい。 「我々の知っているカミザトが帰ってきた」

「その気持ち、いいなあって」

 6月19日の開幕時、一軍のメンバーに神里和毅の名前がなかった。  春季キャンプ、オープン戦と、納得のいく打撃ができず、それでも開幕延期によって生じた自主練習の期間に復調の確信を得られたはずだった。  ところが、開幕前の実戦で結果が伴わない。6月6日、ファームに合流。そのまま開幕の日を迎えることになった。 「ぼく自身としてはそんなに悪い感じはなかったけど、結果が出ていなかったので、しょうがないなと……。状態を上げるしかない。いつ呼ばれてもいいようにと思いながら準備をしていました」  7月5日に一軍に昇格したが、出番は少なかった。狙っていたポジション「1番・センター」では梶谷隆幸が奮闘していて、取って代わるスキを見せなかった。神里は主に代打として打席に入ったが、7月終了時点で.167(12打数2安打)。「試合に出たい」と願いながらも、それに必要な結果を残せずにいた。  ある記事を目にしたのは7月下旬のことだ。チームメイト、山下幸輝の思いが紹介されていた。神里は言う。 「山下さんは『楽しむ』と言っていて。その気持ち、いいなあって思ったんです」  7月14日に一軍に加わっていた山下は、野球を楽しむ気持ちをめいっぱい体現していた。その姿に触れ、神里の心も少しだけ軽くなった。 「(結果が残せていなかった期間も)バッティング練習での感覚はよかった。無理して結果を求めようとするとまたおかしくなってしまうので、そこはあまりこだわらずに。アウトになっても自分のスイングができればいいや、ぐらいの感じでいました」

【関連記事】