Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大人のデニムパンツ3選 選べる87種のサイズ・スラックス風…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NIKKEI STYLE

連載《Fashion × Analytics》

 自分が探しているファッションアイテムについての質問を投稿すると、登録された全国のショップから回答が寄せられるファッションアプリ「FACY(フェイシー)」。提供元のファッション系ベンチャー、スタイラー(東京・渋谷)が、月間100万人を数える利用者からの投稿内容を分析、次のトレンドを読み解く。メンズ向けの「FACY MAN」の投稿を見てみると、投稿件数が多いカテゴリーのひとつに「パンツ」があった。ボトムスとも呼ばれるパンツは、文字どおりコーディネートの土台になるアイテムだ。秋冬のシーズンが始まる際にはチェックしておきたいところだろう。数あるパンツの中でも、メンズにとってなじみ深いのはデニムだ。ただ、粗野な印象もあるアイテムだけに、大人にとって理想的な一本を見つけるのは難しい。シルエットや生地、色落ちの具合などを吟味する必要があるだろう。今回はFACYに登録する各店が薦める大人向けのデニムパンツを紹介する。 【写真はこちら】革靴とも相性よし ひと味違う大人向けデニムパンツ

■全部で87サイズ オーダーメード感覚で選べる国産

 まず、話を聞いたのは東京・渋谷にある「ZABOU(ザボウ)東京」の大井勇人氏。同店でもっとも人気があるモデルとして、RESOLUTE(リゾルト)の「710」を選んでくれた。  「全部で87種類のサイズがあるので、はき手の好みや体形に応じてオーダー感覚で選べます。私自身も愛用していますが、裾上げをせずにはけたジーンズはリゾルトだけ。シルエットも日本人の体形に合わせるために考え抜かれています。お尻回りに余分なもたつきがなく、脚がきれいに見えます」  はやり廃りのない定番として使える一本だという。特におすすめのコーディネートはあるのだろうか。  「シャツと革靴を合わせた、シンプルなスタイルはいかがでしょう。時代を問わないスタンダードな着こなしこそ、大人のデニムスタイルにふさわしいのではないでしょうか。ぜひ店頭で試着して、ご自分にぴったりのサイズを見つけてほしいですね」

■清潔感漂うデニム 大人にちょうどいいデザイン

 「激しいダメージ加工をかけたものや、極端に太かったり細かったりするデニムパンツは避けた方がいいと思います。色落ちも極力少ない方がカジュアルすぎる印象になりにくいですね」  大人のデニムパンツ選びについてそう語るのは、東京・高円寺にあるLampa(ランパ)の店主、遠山勇氏だ。条件に合うアイテムとして、日本発のSTILL BY HAND(スティルバイハンド)の一本を紹介してくれた。  「もともと都会的で清潔感のあるスタイルが得意なブランドです。一般的なデニムとは異なり、少しグレーがかったインディゴ色が上品な印象。その雰囲気を壊さないように、ステッチが表から見えにくい構造になっています。同ブランドのさりげないこだわりを感じるポイントですね」  デニム特有のカジュアルさも残しつつ、端正な印象にまとまっている一本だ。コーディネートについても遠山氏に聞いた。  「色数が少ない、落ち着いた印象のアイテムを合わせたいですね。シューズは単色の赤や黄色など、少し目立つ色を選んでもおもしろいと思います」

【関連記事】