Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宣教師・ザビエルも驚愕!江戸・寺子屋の高すぎる教育レベル

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

ビジネスで海外の人々と関わる際、自国の歴史の知識は必須だといえます。しかし、日本人が注意しなくてはならないのが「外国人に関心の高い日本史のテーマは、日本人が好むそれとは大きく異なる」という点です。本連載は、株式会社グローバルダイナミクス代表取締役社長の山中俊之氏の著書『世界96カ国をまわった元外交官が教える 外国人にささる日本史12のツボ』(朝日新聞出版)から一部を抜粋し、著者の外交官時代の経験をもとに、外国人の興味を引くエピソードを解説します。

庶民の「教育レベル」が高かった江戸時代

知日派の外国人と議論すると、明治維新における改革を高く評価する人がたくさんいることがわかります。身分制の廃止、信教の自由、議会制の開始、憲法制定。確かに明治維新後の改革によって現在に繋がる近代日本が始まったと考えられる根拠はあります。 しかし、明治以降の発展の土壌は江戸時代にありました。 特に、江戸時代の庶民の教育レベルの高さは特筆すべきものでした。 戦国時代の1549年に日本にやってきた、カトリック教会の司祭で宣教師のフランシスコ=ザビエル。彼はインドのゴアのカトリック伝道の拠点に宛てた手紙で、自身の鹿児島での経験から、日本は読み書きのできる者が多いので伝道に有利であると述べています(大石学著『江戸の教育力』)。 以前ルワンダで「日本の経済発展」について講演をした際に、江戸時代における日本の教育レベルの高さについて話をしました。200年も前の封建時代に一般庶民の識字率が高かった事実は大変に驚きをもって受けとめられました。 江戸時代には、武士が城下町に集められ、武士が居住しなくなった農村の農民とは文字によるやり取りを行うようになりました。農村にも読み書きの能力が求められるようになったのです。寺子屋が広がり、庶民も読み書き、算盤を学ぶようになりました。 「身分に囚(とら)われた封建時代」というネガティブな観点からのみ見ると、江戸時代については大きく見誤ってしまいます。

【関連記事】