Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NEWS・加藤シゲアキ、週刊誌記者役に初挑戦「撮影が始まる日が待ち遠しいです」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 人気グループ・NEWSの加藤シゲアキが11月22日よりスタートするWOWOW『連続ドラマW 夜がどれほど暗くても』(毎週日曜日 後10:00、全4話、第1話無料放送)に、週刊誌記者・井波渉(いなみ・わたる)役で出演することがわかった。主演・上川隆也演じる主人公・志賀が副編集長を務める雑誌『週刊時流』の若手記者で、週刊誌報道の正義をめぐって、上司である志賀とぶつかるという役どころ。加藤は同局のドラマに初出演で、週刊誌記者の役を演じるのも初挑戦となる。 【写真】週刊誌記者を演じる加藤シゲアキ  今作は“どんでん返しの帝王”の異名を持ち、これまでに数々の作品が映像化されてきた中山七里氏の同名小説が原作。順風満帆なジャーナリスト人生を送っていた志賀だが、一人息子がストーカー殺人事件を起こし、被害者とともに自ら命を絶ったことを機に人生が一転。凶悪事件の容疑者家族として、世間からバッシングを受ける日々に。まさに絶望の淵に立たされるなか、ある出来事をきっかけに事件の真相に迫っていくことになる。少しずつ浮かび上がっていく新しい真実。そして、深い闇の中で志賀が見つけた、一条の光とは。  やがて井波は、息子が起こした殺人事件をきっかけにバッシングされ、“追われる側”となった志賀を密着取材することに。今作のテーマの一つである「報道の自由や意義とは一体なにか」を正面から問う重要な役どころを、文筆家としての顔ももつ加藤がいかに演じるのか、期待が高まる。  自身の演じる井波について加藤は「スキャンダルを扱う編集者は、一体どうあるべきか。なにが正しいのかわからなくなる世界で葛藤する井波には、誰もが共感できるのではないかと思います」とコメント。「いつでもどこでも情報を手に入れられる現代で、自分で考える力を諭してくれる温かくも力強いドラマです。苦しい現実に立ち向かう登場人物たちの姿に、きっと勇気づけられるはずです。夜がどれほど暗くても。そののちに続く言葉はなんなのか。ぜひ最後まで観て、答えを出していただけたらと思います」と呼びかけている。

【関連記事】