Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

仲里依紗、『エール』スピンオフ週の副音声を担当 「自分が演じる恵にツッコんだり(笑)」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 第1話から再放送中のNHK連続テレビ小説『エール』。第10週の副音声を担当した仲里依紗よりコメントが寄せられた。 『美食探偵』では殺人鬼となった仲里依紗  新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、6月27日放送の第65話をもって一時休止中の『エール』。放送は9月14日より再開される。  今回の再放送は、出演者が解説放送(副音声)をドラマの役で担当するスペシャルバージョンとなる。8月31日からの第55~60回は梶取恵(仲里依紗)が担当する。  恵は、裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)の自宅前にある喫茶バンブーのマスター・保つ(野間口徹)の妻。ときどき語る自分自身の過去の経歴は、保も知らない謎めいたものが多い。 ●仲里依紗(梶取恵役)コメント 梶取恵として再放送10週目の担当をさせていただきました。 キャラクターで副音声に挑戦したのは初めてでしたが、とても楽しい時間でした。 特別編の「父、帰る」では、語りの津田健次郎さんの口調を真似てみたり、保さんと恵の出会い「古本屋の恋」では、自分が演じる恵にツッコんだり(笑) 「環のパリの物語」では、フランス語のボイスオーバー(※)の声色を変えて演じてみたりなど、盛りだくさんでした。恵らしく仕上がっていると思いますので、是非楽しんでいただけると嬉しいです。 ※外国語の原音を残したまま、日本語訳をかぶせる手法

リアルサウンド編集部

【関連記事】