Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハワイ在住 俳優・平岳大 “コロナ禍のハワイ生活”を明かす「海に少し救われたというか…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

TOKYO FMの生放送トーク番組「TOKYO SPEAKEASY」8月12日(水)放送のゲストは、平岳大(ひら・たけひろ)さんと青木崇高(あおき・むねたか)さん。2019年にハワイに移住し、活動の場を海外に広げた平さん。ここでは、“コロナ禍でのハワイ生活”について語りました。

◆“アメリカ人に負けない体”を作るために…

青木:岳さんの骨格・肩幅は(標準的な)日本人の2~3倍くらいあるじゃないですか? 平:そんなにない(笑)。 青木:外国人に負けていないですし、見栄えがいいですし。 平:でも今、すごく筋トレをしているの。 青木:どうしました(笑)? 平:「Giri/Haji」では、そこまでデカい人と組んでいなかったんだけど、アメリカの俳優とかって鍛えているし本当にデカいから“俺もやらなきゃ”と思って。それで毎日筋トレをしている。 青木:“ガタイで負けてられない”っていうのはありますよね。 平:それはあるよね。体の大きさで“役のキャラ”が出てしまうというか。肩幅はあるけど細いので、こっちにいると少しヒョロっとした感じになっちゃうんだよね。 青木:向こうではそうなりますよね。だから役も限られてしまうような感じなんでしょうね。 平:そう。だから毎日プロテインを飲んでいる。

◆コロナ禍でのハワイ生活は?

青木:現在のハワイでの生活は、ほぼ筋トレですか? 平:俺の生活リズムの80%くらいは筋トレだから(笑)。今のハワイは、やることがあまりないのよ。ワイキキも全然閉まっているし。閑散としている。 青木:ビーチには行けるんですか? 平:海には入れるけど、ビーチには行っちゃいけないの。 青木:歩くくらいなら大丈夫? 平:それはもちろん。 平:3月のロックダウンのときも海には入れたので、それで少し救われたというか。基本的にやることがないから。 青木:「アラ・モアナ(センター)」に行ったり来たり……みたいな? 平:ロックダウンのときは「アラ・モアナ」も閉まっていたから街に人がいないの。公園にも入れないし。だから、海だけだったの。 青木:それはそれで、外から見ると贅沢な感じもしますけど、住んでいる方としては、なかなかキツイ状況ではありますよね。 平:けっこう厳しかったよね。徐々にだけど、今はレストランなどは大丈夫だしね。 青木:飛行機は? 平:今は臨時便のようなものが月4便くらい出ているみたい。(それに乗って)絶対に帰らなきゃいけない人たちは、1度LAなどアメリカの本土に飛んで帰国するみたい。 青木:めちゃくちゃ大変ですね。 (TOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」8月12日(水)放送より)

【関連記事】