Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

野茂、清原、そして伊東……。プロ野球の危機を吹き飛ばした西武と近鉄の開幕戦/プロ野球20世紀・不屈の物語【1994年】

配信

週刊ベースボールONLINE

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。

野茂は8回まで無安打無失点の好投

 1994年のプロ野球は、強い危機感を抱きながらの開幕だった。前年の93年に始まったのがサッカーのJリーグで、プロ野球にとっては未曽有の強敵。その人気に「野球の危機」が叫ばれていたのだ。当時は西武の黄金時代。90年からは4年連続リーグ優勝、93年の日本シリーズこそヤクルトに敗れたが、その強さが圧倒的だった時期だ。巨人のV9という不滅の黄金時代は人気の面では必ずしも黄金時代とはいえないことには触れたばかりだが、当時の西武の野球、その黄金時代にも「つまらない」という声があった。そして迎えた4月9日、近鉄との開幕戦(西武)。「つまらない」という声に逆らうかのように西武は苦しめられ、そして「野球の危機」を吹き飛ばすかのような逆転のドラマを描くことになる。  近鉄の開幕投手は5年連続の最多勝が懸かった野茂英雄。鈴木啓示監督は「野茂と心中や」と送り出し、野茂は毎回のように四球の走者を出しながらも、やはり毎回のように三振を奪っていく。8回裏を終えた時点で被安打ゼロ、無失点。野茂にとって初めて、そして開幕戦ではプロ野球で初めてのノーヒットノーランが目前に迫っていた。対する西武にとっては、黄金時代の栄光を木っ端みじんに砕くような屈辱だ。西武の開幕投手を務めた郭泰源も8回まで散発2安打、無失点の好投を続けていた。だが、9回表に近鉄は四番の石井浩郎が3ラン本塁打を放って、ついに均衡を破る。残る打者は3人だ。ただ、この開幕戦のドラマは、ファンを飽きさせることはなかった。  先頭打者は、野茂との対決が“平成の名勝負”と呼ばれた四番の清原和博だった。この日は三振、四球、右飛。そんな清原が野茂のストレートをとらえ、西武の初安打となる二塁打で、まず野茂の快挙を阻止する。続く鈴木健は四球。石毛宏典は左飛に倒れたが、ここで代打に立ったブリューワの二ゴロは失策を呼び、一死満塁となる。打席には伊東勤。この日、3打席連続で四球を選ぶなど、西武のスタメンで唯一、三振を献上していない男だ。ここで、鈴木監督が動いた。

【関連記事】